やらない理由

話は聞いてもらいたいが、あれこれ言われるのは嫌

第14回は「聞いてほしい」ジレンマ。こちらの真剣な相談に対して、助言を求めている日も確かにあるけれど、日々の多くが、ただ聞いてほしいだけの、上司の愚痴や、ささいな恋バナや、昨日知った得損ネタだったりしますよね。それに対して上から目線であれこれ言われたら……。メンタルヘルスのため、今回もカレー沢薫氏のお力でスッキリさせてもらうしかありません!

レスポンスが欲しい生き物

今回のテーマは「話は聞いてもらいたいが、あれこれ言われるのは嫌」だ。

まず、辺りを見回してほしい、壁とか玄武岩とか、何かしら無機物があるだろう。もし有機物の壁しかないという場合は、そこはクジラの胃の中とかだと思うので、話を聞いてもらいたいとか言う前にそこから脱出を試みてほしい。
次に、その壁や玄武岩に言いたいことを言ってみよう、何か返事が返ってきたり、途中で話をさえぎったりしてきただろうか。してきたとしたら、耳鼻科か心療内科、いずれかの門を叩(たた)くといいだろう。

このように、我々は、太古の昔より話を黙って聞いてくれる上、あれこれ言わないクールな物体に囲まれているのだ。それにもかかわらず何故、黙って聞かないどころかあれこれ言う可能性があるブヨブヨした物体に話しかけてしまうのだろう。

つまり人は話したいことを話すだけでは物足りないのだ、レスポンスが欲しいのである。それも肯定のレスだ。
たまに「ダメ出しされたい」とか「辛口でお願いします」などと言う奴がいるが、それは「自分の想定内のダメ出しをされたい」という意味であり、言われて「やっぱりね」と思いたいだけであり「その前にお前は口が臭い」とか「ところで今日の服はサバンナモンキーのキンタマの色意識してる?」等、別方向から斬られると、あとはずっと、メロンソーダをブクブクやりながら、おむずかりである。

私などは、平素ほとんど人と喋(しゃべ)らないし、1日48時間やっているTwitterでも、人にリプライはほとんどしないし、来たリプライに返事をすることさえ稀(まれ)だ、つまりほぼ独り言、壁に話しかけているのと大差ない状況であり、あまりレスポンスにこだわっていないように見えるかもしれない。

しかし「RT」と「ふぁぼ」の数には人一倍敏感なのである。
「この前このキャラを描いてアップしたときは500RT行ったのに今回は全然伸びねえ、何故だ」とか本気で悩んだり「別に好きというわけではないが、このキャラを描いた方が伸びるかも」等斜め下の方向に行ってしまったりしているのだ。
ただ「人に話を聞いてもらいたい」と言っている奴より、よほど深い病(ビョウ)である。

聞き上手がモテるワケ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawapara 自分が その話題について熱く語りたい訳ではないけど同意だったりして、でも特にレスいらない時にしたり。 https://t.co/87oEpufOA8 約1年前 replyretweetfavorite

25MiDORi 色々な意味で名文なので、岩に全文刻みつけて後世に残さねばならない。 約1年前 replyretweetfavorite

komatuEV 最後のまとめを読んでなるほどザ・ワールド(太古の記憶)と思う私である 約1年前 replyretweetfavorite

enufujisho 壁や玄武岩は金よこせとは言わないな。↓ 「 約1年前 replyretweetfavorite