DJ KOO序論

今回取り上げるのはTRFのDJ KOO。実は連載開始当初にSAMを取り上げていたため、TRFでは二人目の登場となります。近年バラエティ番組での活躍を目にすることが多いDJ KOOですが、派手な格好と天然な発言からは想像できない繊細な一面を武田砂鉄さんが解き明かします。さらに、「DJ KOO序論」の意味するものとは……?

多様性とは、TRFのことである

辞書で「多様性(diversity・variety)」を引き、そこに何の説明もなく、TRFの集合写真だけが載っていた、と仮定しよう。ここで生じる解釈は2つある。バラバラな5人のそれぞれが多様性の象徴である、とする解釈がひとつ。そして、この5人全体が多様性の一例だと解釈するのがもうひとつ。つまり、TRFって、個々の特性を語る事もできれば、その総体を一つの個性と定める事もできる。この双方を担えるグループってTRF以外にそんなに見当たらない。今、この世の中には、個性的であることを必死に目指した結果、「個性的であろうとする集団」という没個性集団が方々で生まれている。そういう集団の前に出向き、プラカードにTRFの写真だけを貼付けて、無言のアピールをしてみたい。多様性とは、個性とは、TRFのことである。

ジミヘンよりもDJ KOO

自分が27歳の頃、普段絶対に足を踏み入れない西麻布のオシャレなバーに出向くことになり、その店に誘い出した大学の同級生が、洒落たアルコールを数杯飲んでほろ酔いになりながら、「ジミ・ヘンドリックスもジャニス・ジョプリンも27歳で死んでいる。それなのにオレは……」と愚痴り始めた。信じがたいことに周囲は彼の弁舌に付き合い「そんなことないよ」などと持ち上げていたのだが、自分はどうしたって、ジミヘンやジャニスの死期とオマエの悩みを並列で語る大前提を許したくない。「そもそも、同じにしちゃダメっしょ」とポップに突っ込んでみると、彼は「そういう問題じゃない!」と意味不明の不満を表明したので、「そういう問題だろ!」と返したのだが、そういえば、あの日以降、彼とは会っていない。

冷静になれば、偉人と自分の年齢を比較してあれこれ思案するのは誰もがやることだし、確かにその帰結は大抵、「ジミヘンは27歳で死んだのに、オレは」方面に向かいやすい。自分もやる。ただし、「ジミヘンの死期」ではなく「DJ KOOの全盛期」で。今の自分の年齢(34歳)の時にDJ KOOはtrfの全盛期を迎えていた。頭の中で何度繰り返しても驚きが消えない事実だ。あの時のDJ KOOに対して、年齢で識別するというチャンネルを持てなかったし、かつての原稿で自分がTRFのことを「ビューティーに向かわないアンチエイジング」と称したように、「TRFと年齢」の議論は一般化しにくい。でも、あえて問うてみれば、自分はもうあの頃のDJ KOOの年齢を超えようとしているのである。それは、ジミヘンの死よりも、体に染み込む。

DJ KOOが悩んでいたこと
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

7月、武田砂鉄さん1年振りの単著が出ます! 天然パーマから遅刻癖まで、コンプレックスをしつこく探究!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dyaco_huguruma 砂鉄、好き。 約2年前 replyretweetfavorite

yukihgs ぜひ本題を拝読したい。 約2年前 replyretweetfavorite

kusumincom |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 * これを読みながらboy meets girl をランダム選曲する僕のiphone。空気読む。 https://t.co/Khm36Pe4pS 約2年前 replyretweetfavorite

minapato 締めが凄い。「今回、序論ながらDJ KOOを記した。このコラムが数年後も続いているならば、いよいよ、ETSUとCHIHARUという本題に入ることになるだろう。」 約2年前 replyretweetfavorite