第二章 人殺しの影 8 遺伝子が泣いている(前編)

佐伯との奇妙なやり取りを思い出している徹生。狭い車内で口論を続ける二人だったが、ついに徹生は我慢できなくなる。しかし…。 平野啓一郎さんの小説『空白を満たしなさい』が、3章までの限定公開です。

「夜になると、私の遺伝子たちが、しくしく、しくしく、体中で泣き始めるんですよ。今だって、ほら、聞こえませんか? 誰でもいいから、早くどっかの女の遺伝子と合体させてくれ、こんなところで滅んでしまいたくない、とね。私はそれを虚しく宥めるだけなんですよ。かわいそうに、それは無理なんだよと。まず金がない。金は重要ですよ、何と言っても。それに、こんなに醜くて、性格も陰気です。歳はもう四十を過ぎてる。まあ、見込みゼロですよ。あなたもそう思うでしょう? もっとも、こんな私にしたのは、遺伝子自身だと思いますけどね。」

 徹生は、胸の前でシートベルトを握ったまま、佐伯のその言葉に眉を顰めた。この男は一体、何の話をしようとしているんだろう? 遺伝子が泣いている?

 佐伯は相変わらず、呼吸の度に、聞いている方が息苦しくなるような鼻の音を立てている。花粉症を放置して、手の施しようがなくなっているような感じだった。

「あれこれ、キレイごとを並べてみたところで、人間の好き嫌いだけは、どうしようもない。違いますか? 私は、世間の人間が、私を嫌う権利を尊重します!絶対に。好きになれだなんて、誰が強要できます? 中には、こんな私にも、同情や憐憫を恵んでくれる人もいますよ。けど、好きになるかどうかは、まったく別問題です。当然です! 私にだって、好き嫌いはある。絶対に、人からとやかく言われたくないです。」

 そう言うと、佐伯は一旦口を噤んで、やはり目を合わせないまま言った。

「例えば、私はあなたが嫌いなんです。いなくなってくれれば、どんなに清々することかと思いますよ。」

 佐伯は、決して逃がすまいとするように、シートベルトのバックルを握り締めていた。口調は静かだったが、言葉が途切れる度に、車内が緊迫した。

 今、この状態で襲いかかられれば、一溜まりもなかった。誰か来てくれないかと外を見たが、駐車場は、水を打ったように静まり返っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
空白を満たしなさい

平野啓一郎

cakesでもインタビューを行った、平野啓一郎さんの小説『空白を満たしなさい』(講談社)が、3章までの限定公開です。年間約三万人の自殺者が出るこの国で、生と死、そして幸福の意味を問う意欲作。平野さんの考えた概念「分人」をまとめたcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiranok もう一回分ありました!【 約5年前 replyretweetfavorite