第5回】比較で分かる 6つの宗教が考える“あの世”のこと

主だった宗教は昔も今も文明に影響を与えている。そして、それらの死生観は、人々の生き方を規定してきた。各宗教を比較し、また、宗教同士のつながりを見ることで、それぞれが形作ってきた死後の世界をのぞいてみよう。

 人間が死ぬのは避けられない事実。でも死んだらどうなるかという答えは分からず、誰もが不安を抱えている。一方、終わりがあるからこそ、私たちはどう生きるか悩み、生きていることに感謝もする。そんな宿命を負った人間に、宗教はどんな答えを用意しているのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ

週刊ダイヤモンド

親の介護から、墓・葬式選び、終末期医療まで、さまざまなステージの「死」とどう向き合うのか。生死の体験は働き方にとってどんな意味を持つのか。哲学から宗教、医学、そして科学まで、さまざまなアプローチで死と生を学ぶ死生学入門をお届けする。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません