人生最大と思えるうれしいことがあったらお金を使うべき?

毎日お金を「どのように」使うか、そのちょっとの差で5年後の年収が大きく左右される!? 好評発売中の書籍『5年後、金持ちになる人 貧乏になる人』より、稼ぐ人になるための「お金の正しい使い方」をお伝えします。あなたはうれしいことがあったとき、パーッとお金を使いたくなりますか?

うれしいことがあった後のお金の使い方

 旅行代理店に勤めるY輔さん(男性・24歳)。
 土曜日の夜、仕事の悩みを相談をするふりをして、入社した当時から恋心を抱いていた同期のF子に電話した。
 そして、2年越しで温めていた気持ちを、思い切って告白したのだ。

「あのさ、俺、入社したときからF子のこと、いい子だなって思ってたんだよね。もし よかったら、俺と付き合ってくれない?」
「え……、私と? 私でいいなら、別にいいけど…… 」
 はにかみながらも、Y輔さんの交際の申し込みにイエスと答えるF子。
「じゃあ、また明日、会社でね」
 と、電話を切ったY輔さんは、もう有頂天。
「よっしゃ~!!! やったぞ! 早く明日にならないかなぁ!!!」
 まるで中学生のようだ。

 いくつになっても、うれしいことがあったときは、なんとも言えずハイな気分になるものだ。
 好きな人と思いが通じたり、試験に合格したり、希望の会社に就職が決まったり、仕事がうまくいったり。
 そんなときは、誰彼かまわず話して回りたい衝動にかられる。
 中には、自分へのお祝いにお金を使いたくなる人もいるだろう。
 Y輔さんもそのひとり。
「そうだ! 大学時代のK太に電話して飲みにでも行くか。今日はとにかく飲みたい気分だ!」
 携帯からK太に電話をするY輔さん。
「もしもし、オレオレ。今から飲みに行かない? 今日はすっごくいいことがあったんだよ。だから、全部俺がおごるからさっ!」

 そして、K太を呼び出し、はしご酒をかさねる。
 気づけば空は白みはじめ、たった一晩で使ったお金は5万円にもなっていた。
 ハイになっているときは、普段ならめったに使わないような額のお金でも、一気に使ってしまう。
 まあ、それほどうれしいことなんて、そう頻繁にあることではないのだから、少しくらいのぜいたくは大目に見てもいいだろう。

 だが、ほどほどにしておかないと、後悔することになりかねないので、勢いに任せ過ぎないようにしたほうが良い。

 Y輔さんの場合も、K太と飲みに行って散財したせいで、F子との初デートの予算まで使い果たしてしまった。これは大失態だ。

 では、人生最大と思えるようなうれしい出来事が起きたときは、どんなふうにお金を使えば良いのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方はこちらの本で!

この連載について

初回を読む
5年後、金持ちになる人 貧乏になる人

田口智隆

500円でランチするなら、何を選ぶ? ファストフードで、ハンバーガーとポテトのセット。オーガニックの、野菜サンドとコーヒー。毎朝の通勤電車、ゲームのアプリを買うか、英単語のアプリを買うかーー。同じ大学、同じ年齢、同じくらいの外見。ほと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません