暗い夜道を、コアラのぬいぐるみを抱いた青年が歩いて行く

夢子ちゃんの家に向かう2人。ぬいぐるみのムッシュは、道中ずっと星太朗に抱きかかえられていた。今までの思い出がよみがえり、そのたびに零れそうになる涙をこらえていた星太朗だったが、ムッシュに荷物を手渡すときに、とうとう涙があふれ出る。
最終回直前!ぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語小説『さよなら、ムッシュ』を特別掲載!
イラストは、なんと松本大洋さんの描きおろし!

 星太朗の小説。百年。アルバム。昔のノート。トランプ。お気に入りのタオルケット。

 ムッシュが選んだ物をナップザックに詰めると、それをすっぽりリュックに入れて、星太朗は靴を履いた。

 入りきらなかった本と、倫太朗コレクション、赤いラジカセは、明日星太朗が送ることにした。

 重いドアを閉めて、団地の階段を一歩ずつ下りる。

 明日にしようよ、とムッシュは言ったが、星太朗は今夜お別れすることに決めていた。

 ムッシュはそれを受け入れるかわりに、交換条件を持ちかけた。


 暗い夜道を、ぬいぐるみを抱いた青年がゆっくり歩いている。

 ムッシュの条件は、ただ、抱っこしてもらうことだった。

「抱っこされてお散歩なんて、いつぶりだろ」

「こんなの見られたらやばいよね」

 星太朗がはにかみながらムッシュの頬をつつく。

「ひどっ。こんなのって」

 ムッシュは怒ってから、同じようにはにかんだ。

 幸運なことに、バスには誰も乗っていなかった。

 星太朗は一番後ろの席に座り、ムッシュは膝の上に腰掛ける。

 貸し切り状態なので会話することもできたが、二人とも黙っていた。

 人通りの少ない夜の町を眺めながら、エンジンの振動に身をまかせる。

 このまま、ずっとバスが着かなければいいのに。

 ムッシュはそう思っていた。

 でも夜の道路はがらがらで、バスはあっという間に動物園に着いてしまいそうだ。

 ムッシュはおもむろに立ち上がり、勝手に降車ボタンを押す。

 バスが止まると、星太朗はわざとらしいため息をつき、ムッシュを抱えてバスを降りた。

 ここから夢子ちゃんの家は遠くはないが、なだらかな坂をのぼらなくてはいけない。

「がんばれ~」

 ムッシュがありきたりに励ますと、星太朗は息を切らしながら愚痴った。

「抱っこされてるだけだからいいよな」

「じゃあ自分で歩く」

 ムッシュは飛び降りようとするが、星太朗は手を解かない。

「いや、いいよ。こんなの余裕だから」

 そう言いながら、辛い顔を見せずにのぼっていく。

「ぼくが抱っこしてあげようか?」

 ムッシュが真面目な顔で言うと、

「はいはい」

 星太朗はいい加減な返事をしたが、その顔は笑っていた。

「あーあ、でもあとババ抜きだけだったのになぁ」

 ムッシュが悔しそうにぼやく。

「誰のせいだよ」

 星太朗がつっこむと、ムッシュが腕の中で飛び跳ねた。

「そうだ、夢子ちゃんと三人でやらない? ババ抜きは三人の方が楽しいし!」

「いや、気付いたんだ」

 星太朗は首を横にふる。

「なに?」

「叶わない方が、幸せってこともあるんだって」

 ムッシュは少し黙ったあと、小刻みに何度か頷いた。

「……そうかもね」

「うん」

 星太朗が立ち止まり、夜空を見上げる。

 やはり星は見えないままだ。

 黒い雲が空を覆い、月の光さえも届いてこない。

「あぁ……。でも、星は見たかったなぁ……」

 星太朗は本音をこぼすと、真っ暗な空を見つめた。

「知ってる? せいたろ」

「ん?」

 ムッシュは夜空を見上げながら言った。

「見えなくても、星はそこにあるんだよ」

 星太朗は頷き、またゆっくりと歩き出す。

 その目は、前だけを見つめていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
さよなら、ムッシュ

片岡翔

あの日。気がついたら、その子は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに。 それ以来、彼はそのことを20年間秘密にして、生きてきた――。 気鋭の新人映画監督・片岡翔が初めて小説『さよ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません