死んだ母は、こっそり泣いていた

とうとう小説を書き終えた星太朗。ぬいぐるみのムッシュに小説を手渡した彼には、もうひとつだけ、叶えたいことがあるという。その叶えたいことは何か、と不思議に思うまま、星太朗の小説を読み始めたムッシュ。その間、星太朗は大切な記憶を思い返していた。
ぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語小説『さよなら、ムッシュ』を特別掲載!
イラストは、なんと松本大洋さんの描きおろし!

 ムッシュが目を覚ますと、星太朗は机に向かっていた。

 カーテンを閉めたままの暗い部屋に、卓上ライトだけが灯り、鉛筆が紙の上を走る音が響いている。

 陰になった背中しか見えないが、星太朗の真剣さは伝わってくる。

 ムッシュはしばらく布団の中で、心地良い鉛筆の音を聴いていた。


 星太朗が朝ご飯を食べ終えると、ムッシュは家を出る準備にとりかかった。

 ちょうど二十年間過ごしてきたこの部屋には、そこらじゅうに大切なものが並んでいる。

 古ぼけたソファの座り心地も好きだったし、星太朗が縫ってくれた自分サイズの布団も手放せない。本棚には、何度も読み返した大好きな本と、擦り切れるほど聴いた歌謡テープが並んでいる。けれど、病院に持って行けるのはせいぜいリュックに入りきるものだけ。それを選ぶのは、とても難しい作業だった。

 特に本は選ぶときりが無いので、持っていくのは一冊ずつにしようと決めた。

 山吹色、水色、栗色、薄桃色、赤、ビリジアン。

 鮮やかに並ぶ六色の背表紙を眺めてから、その一冊ずつに触れていく。

 だけどそれは選ぶためではなく、さよならを言うためだった。

 一番のお気に入りは、最初から決まっていた。

 ビリジアンの背表紙に、真っ白な文字が光る、お母さんの最後の小説。

〈百年〉という物語だ。

 ムッシュはそれをリュックに詰めると、今度は本棚の下から、古いアルバムを出して開いた。

 そこには二人の思い出がぎゅうぎゅうに詰まっていた。

 それに一枚一枚見入っている間に、てっぺんにあった太陽は、団地の向こうに隠れようとしていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
さよなら、ムッシュ

片岡翔

あの日。気がついたら、その子は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに。 それ以来、彼はそのことを20年間秘密にして、生きてきた――。 気鋭の新人映画監督・片岡翔が初めて小説『さよ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawamotsu 地味にずっと読んでる。 本買おうかな。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

tomshirai 一番怖いことは、大好きな人を、守れないことだ。 4ヶ月前 replyretweetfavorite