ごま油の焦がしネギで、即席トマトラーメン

中華風トマトスープに中華麺をあわせたレシピです。ポイントはごま油での焦がしネギ。香味がトマトと麺をしっかりとひきたてます。
スープ作家の有賀薫さん
による、旬の素材をたっぷり味わうベーシック・スープのレッスンです。
また、6月30日(金)19時から神保町で「リアル・スープ・レッスン」を開催します。先着12名、こちらよりふるってご応募ください。

真っ赤なトマトを、香り豊かなラーメンスープに。

中華風のトマトスープは、ごま油と焦がしねぎの風味がポイント。トマトで作ったスープに中華麺を合わせて食べるというご提案です。

鶏や豚の骨、煮干しなどを本格的な出汁をとったラーメンスープを家で作るのは大変。でも、このトマト麺に限ってはごく簡単な手順で作れます。

今回のスープはトマトが主役ですが、調理では、脇役のネギがポイントです。器に顔を近づけると焦がしたネギ、ごま油、生姜の香りが一気に立ち上り、麺をすするたびに幸せな香りに包まれます。


トマト麺

材料(2人分) 所要時間約25分

ミディトマトまたはプチトマト 1~2パック(250~300g)
長ねぎ 1本
しょうが 1かけ
ごま油 大さじ3
塩 小さじ1
練りタイプの中華だし(顆粒可) 小さじ1/2
中華麺 2人分(インスタントラーメン可)
水 約400mL(スープ分)

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nekomesi_hanten |スープ・レッスン|有賀薫|cakes(ケイクス) 有賀さんの 9ヶ月前 replyretweetfavorite

mitsuparabbit 昨日はこちらを作ってみたのです ひき肉とおくらも入れてみたー 2年以上前 replyretweetfavorite

kaorun6 こっちはラーメン。トマトというより、長ねぎの使い方がポイントでした。トマト担々麺もすぐできるよ 2年以上前 replyretweetfavorite

yaiask cakesで連載してる「 3年以上前 replyretweetfavorite