和製ジェノベーゼが爽やかな「ズッキーニの大葉ジェノヴェーゼソース」

じりじりと夏の日差しを感じはじめた今日この頃。こんな時におすすめなのが、清涼感のある大葉とズッキーニを使った今回の料理です。ズッキーニを軽くゆで、大葉とごまたっぷりの和製ジェノヴェーゼソースと和えれば、爽やかさ抜群の野菜のつまみが完成します。ぜひ豊潤でリッチな味わいのポルトガルワインとともにお試しください。

cakes読者のみなさま、こんにちは

雨の日の合間に、ときおり夏っぽい陽射しの暑い日が増えてくるこの時期。俄然口にしたくなるのは、清涼感のある薬味を使った料理です。なかでも好きなのは大葉。あのシソの青い清々しさは、ほんの少量でも存在感抜群、加えるだけで料理がグレードアップするから、ついついなんにでも使ってしまいます。

冷奴や納豆の薬味などはもちろん、麺類やごはんもの、刺身、味噌汁にパスタ、肉料理などとも相性良し。こうやって改めて考えてみると、大葉と合わないものを探す方が難しいくらい。バジル代わりにたっぷり使って、和製ジェノヴェーゼソースを作ることもあります。このソースは、パスタに合わせると夏らしい1品に。その場合オイルサーディンを加えるのがおすすめ。トマトと組み合わせて冷製にするのもいいですね。あれ、このままだと今日ご紹介しようと思っている料理から離れていきそうなので、パスタレシピは次回以降にとっておいて。

この和製ジェノヴェーゼソースに合わせるのはズッキーニ。ズッキーニってきゅうりの仲間かと思いきや、かぼちゃの仲間なんですよね。加熱に強いのもうなずけます。夏は煮たり焼いたり揚げたりといろいろなズッキーニの食べ方がありますが、珍しいところではゆでるっていう選択もあり。薄く切って食感が残るぐらいにさっとゆで、バジル代わりに大葉と、松の実の代わりにごまをたっぷり、パルミジャーノチーズのこくとほんのりにんにくをきかせた和製ジェノヴェーゼソースと和えれば、爽やかさ抜群の野菜のつまみが完成します。

では、作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「ズッキーニの大葉ジェノヴェーゼソース」

材料(作りやすい量)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつもの食材があっという間に異国の味に。がっつり食べてお腹も満足、なぜだかお酒が止まらない!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain あ、大葉ジェノベーゼは馬田さおりさんのこちらのレシピです。 https://t.co/iZ28NaKjRH 2年弱前 replyretweetfavorite

tomshirai パルミジャーノの代わりにミモレットで作ったが美味しかった。小学生の長男がバクバク食べた。 2年弱前 replyretweetfavorite

tani_345 つくりたい 2年弱前 replyretweetfavorite

eripoppins さっそく作った。これに合うガラスの器がないのが残念。ゆがいたズッキーニが美味しいし、何より見た目がオシャレ。レシピは以下 ズッキーニの和製ジェノベーゼソース https://t.co/sWoxrs29b1 https://t.co/oF9zxengso 2年弱前 replyretweetfavorite