何年も自分を許してくれなかった両親との雪解け

毎日お金を「どのように」使うか、そのちょっとの差で5年後の年収が大きく左右される!? 好評発売中の書籍『5年後、金持ちになる人 貧乏になる人』より、稼ぐ人になるための「お金の正しい使い方」をお伝えします。親に対するお金の使い方をどうするか考えてみませんか?

親に対するお金の使い方

 子どもの頃、お正月にお年玉をもらうのがとても楽しみだった。
 お小遣いとは違って、白いお年玉袋に入ったお金は、子ども心に何か特別な意味を持っているような気がしたものだ。

 大人になって、今はお年玉を両親に渡しているという人も多いことだろう。
 年に一度、親に感謝の気持ちを伝えるのは、とても素敵なことだと思う。

 私は、長い間、両親との確執があった。
 いちばん大切な身内でありながら、一時期は、世の中でいちばん遠い存在のように感じていたくらいだ。

 原因は、両親が営んでいた保険代理店を私が継ぐことになってから、その経営方針について、意見が分かれたことにある。
 古いやり方を頑(かたく)なに守り抜こうとする両親と、新しいやり方を取り入れなければ、先はないと主張する私。
 会社でよく起こりがちな新旧交代劇は、たとえ家族であっても、対立は避けられないものだった。
 話し合いでは埒(らち)があかないことを知った私は、父や母の反対を押し切って、会社を強引に新体制にしてしまった。

 両親は怒りをあらわにし、何年も私を許してはくれなかった。

 私は、自分の選択は決して間違っていないという確信を持っていたが、それだけに両親がいつまでも自分を認めてくれないことに、とても心を痛めた。
 いくら仕事が軌道に乗ったとしても、肉親に反対されていたのでは、どうしたって仕事に身が入らない。
 私は、どうしたら両親に認めてもらえるかと真剣に考えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方はこちらの本で!

この連載について

初回を読む
5年後、金持ちになる人 貧乏になる人

田口智隆

500円でランチするなら、何を選ぶ? ファストフードで、ハンバーガーとポテトのセット。オーガニックの、野菜サンドとコーヒー。毎朝の通勤電車、ゲームのアプリを買うか、英単語のアプリを買うかーー。同じ大学、同じ年齢、同じくらいの外見。ほと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません