Q.わたしみたいなメンヘラが、彼と結婚しても大丈夫でしょうか?

感情の起伏が大きく、自分が鬱かメンヘラかがわからない今回の相談者さん。 そんな不安定さが、結婚を控えている彼に迷惑をかけるのでは? という悩みに対して、元メンヘラ、現ハッピーリア充のスイスイさんが厳しくも身になるアドバイスを贈ります。

スイスイさんに相談したいお悩みを募集中。メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある方は、こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

メンヘラだと鬱なのか

スイスイさんへ聞きたいことは『メンヘラと鬱は同一かどうか』です。

私には今、7ヶ月ほど付き合っていて結婚の話もしている彼氏がいます。彼とは付き合い当初から遠距離(新幹線で1時間半の距離)で、結婚後もきっと数年は同居しないと思います。
彼は精神的に非常に安定していて、派手さはないながら信頼されるタイプの人です。私のメンヘラ発言や気分の波にも大きな器で辛抱強く付き合ってくれます。

そこで気になっているのは、 鬱っぽいメンヘラっぽい私の人生に彼を巻き込んでしまっていいのかということなんです。
もともと子どもの頃から毎日が楽しくなかったり、早く死にたいといつも思っていたりするような子でした。その鬱っぽい感じは会社員として働く今も変わりません。しかし今までツライ経験があったというわけではなく、友達もいましたし、会社では 明るく元気に働く人 と思われていて、暗い人とは1ミリも思われてないようです。


もしもわたしがメンヘラなら、スイスイさんのように遠距離恋愛をしたり結婚したり子供を育てることでメンヘラが抜けることを期待して結婚に踏み切れるんです。メンヘラと言っても、『私のことすき?』『かわいい?』『私が〇〇のピンチになったときどんなことしてくれる?』などの言葉が主で、行動での束縛はしていません。
でももし病的な鬱なら(クリニックなどにかかったことはありません)、彼の真面目で穏やかな人生を、気分の波が激しい私の人生に巻き込んだら可哀想、申し訳ないなあ、という気持ちです。

スイスイさんは、メンヘラと鬱は同一だと思いますか? 別だと思いますか?
また、結婚するとき、メンヘラとの付き合いをどうしていこうと思っていましたか?
ぜひ伺いたいです。


(NH・24歳・女・会社員

「おめでとう!」
という返事しか浮かばないんだけどこの相談のなかで逆におめでたくないことってある?

あなたの現状まとめると「感情の起伏が激しく、落ち込みがちで構って欲しがりな私を、大きな器で受け止めてくれる彼氏ができて、結婚も視野に入れて順調に交際してます」っていうFacebookで【ご報告】ってつけるべきハッピーホーム案件だよね?

あなたのメンタル悩みは彼に受け入れられることによって魅力へと昇華した感すらある。
これは、からすぎてそれだけでは舐められないお醤油が、ミラクルマイルド豆腐と出会ったことで、完璧なマリアージュを手にするのと同じ。

人は個で完成しなくてもいい。彼がいることで完成するあなただって、充分にあなただ。性格が超明るくなったとか完全解決ではなくても、微解決でもいちいち喜ぶのって大事!ということで本当におめでとう!なんだけど、今日はそんなあなたに、さらにハッピー高めてほしいからこそ、言いたいことがあるのです。

健やかなるときも超幸せなときも「悩む」ことを、誓わないで。

あなたにはうっすら、いやどう考えても「悩みクセ」があると思う。
いや本人としては真剣に悩んでるのだと思うのだけど、どうも「一刻も早く解決したさ!」を感じられないというか、あえて解決から遠い道を選んでいるような。
このままだと、いついかなる健やかな幸福時も悩みがちなまま老い死ぬ人生になりかねないよそれは避けたい!

まずこの世には、悩みを解決する気がある人とない人がいる。
解決する気がある人はiphoneで起動中のアプリをスチャッスチャッとスワイプで消していくみたいに、悩みタスクを溜め込まないで随時解決し捨てていく人。(重要な例えではないのでAndroidの人は無視していい)

一方、解決する気がない人は悩みを悩みのままいじくり続ける。
それぞ、愛煙家ならぬ愛悩家。やめたほうがいいとわかっていながら、そうして溜め込んだ悩みを嗜んで、いつのまにか常に悩み、暇さえあればプカプカ悩んでしまう。

それはたとえば「旦那いつも帰り遅すぎ最悪、ほんと結婚するんじゃなかったー」と言うものの話し合いや離婚で解決する気はなく「たいへんだねー」と言われたいだけの人。あるいは「いまの部署つらすぎ最悪」と言いながら異動や交渉は考えもせず「わかるー」といって欲しいだけの人。時間の億万長者なのかな。

わたしはこのような愛悩家と関わりたくない派である。一人で悩むなら全然いいが他人を巻き込んだ「解決する気のない悩み相談」ほど不毛なものはない。
それは1単語も覚える気がない生徒に教える英会話。1デシベルも先輩のアドバイス聞きたくない後輩への新人教育。
本線からどんどんズレるけど、提案なんですけど、愛悩家には喫煙室さながら喫悩室をつくって欲しい。そしてそこでのみ、解決する気のない愚痴自慢し合ってモクモクため息ついててほしい。

人生は有限。あなたはきっと昔から、感じとることや考えることが多く、相手の気持ちも思いすぎて余計に悩みをふくらませがちなのだと思う。悩むこと自体は悪いことではないし、まったく悩まない人といつも悩んでいる人ならわたしは断然後者と友達になりたいけど、「解決クセ」も付けないと未解決悩みで脳内大渋滞して周りを巻き込む、愛悩家事故だらけになりかねない。
このへんでちゃんと、心の交通整理しようぞだよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

raichi_sasabi 「解決する気のない悩み相談」ほど不毛なものはない。ってすごく分かる。 2年以上前 replyretweetfavorite

mmkkww このー時間の億万長者ガー さっさとkill -9でスッキリしたいものです 2年以上前 replyretweetfavorite