負けず嫌いな人は失恋を認めない

一流のプロスポーツ選手の共通点としてよく言われるのが、「負けず嫌い」であること。負ける悔しさをバネに、勝ちたいという一心で競技に打ち込むことで、一流と言われるまでになるのかもしれません。そんな負けず嫌いの人の弱点とはなにか。bar bossa店主・林伸次さんが考察します。

「幸せに生きることが最高の復讐だ」

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

誰でも一度は負けず嫌いの子供に接したことがあると思うんですが、そういう子って「生命力が強い」と思いませんか? 小さい頃の学校の成績って、負けず嫌いかどうかにかなり左右されますよね。あの子に漢字ドリルは負けたくないとか、算数もちゃんとわかるまでがんばろうって感じで、地頭だけじゃなく、「負けたくない」という気持ちで良い結果を残します。

逆におっとりしている子供を心配している親の声もよく聞きます。「がんばりがきかない」といったイメージでしょうか。確かに椅子取りゲームでもしたら勝ち残れない感じがあります。

そういう負けず嫌いな性格は、この長い人生を勝ち残っていく上では、すごく大事な要素なんでしょうね。やっぱりハングリー精神みたいなもので、最後の最後までねばって、良い結果を生むことがよくあります。しかし、そんな負けず嫌いがいいことずくめなんてことはありません。あるマイナスに転んでしまう案件を知りました。恋愛、それも失恋した時についてです。

ところで、失恋をしたことはありますか? すごくつらいですよね。自分を全否定されたような気持ちになるし、食べ物ものどを通らないし、遊びに行ったり笑ったりもできなくなります。そんな失恋をした人から、たまに「どうすればこの失恋から立ち直れますか?」なんて相談を受けます。

僕はこの手の質問に答える言葉を決めてます。「幸せに生きることが最高の復讐だ」。スペインのことわざだそうです。何かをされたら仕返しなんて考えずに、その人を罵ったりせずに、美しく幸せに暮らすことで、それが一番美しい仕返しになるという考え方です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊が発売中です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

restart20141201 "「幸せに生きることが最高の復讐だ」。" 1年以上前 replyretweetfavorite

moe_sugano これって二村ヒトシさんが言うところの「自己受容できてない人」ってことなのかも。→ 1年以上前 replyretweetfavorite