美女入門

抜けがけと不倫は大人の味

ananの名物エッセイ「美女入門」。「美女入門」part15となる最新刊『美女は飽きない』発売を記念して、「美女入門」part1から、1998年の1編「抜けがけと不倫」を。林真理子さんのベストセラー不倫小説『不機嫌な果実』は最近でもドラマ化されて話題に。この世でいちばん楽しい恋愛スタイル、大人の恋愛ゲームのリアルな実態。スリリングでドロッと怖い女同士の感情の駆け引き描写には思わず引き込まれます。

この世でいちばん楽しい恋愛の形態は、不倫だという説がある。

 そりゃそうであろう。おかげさまで私が書いた小説(『不機嫌な果実』)も、ベストセラーになった。不倫というのは、独身の女の子と、妻子持ちの男という組み合わせが一般的であるが、この場合は女の子の方はあまり得をしない。本気になればなるほど苦しむ仕組みだ。揚句の果ては、不倫相手の子どもを焼き殺したようなOLだって出てくる。不倫が楽しく、美容効果があるのは主に人妻の場合であろう。私のまわりでも何人かいるが、みんな肌も艶々、ぐっとおしゃれになってエステに行くよりよっぽどいいかもしれない。

 私がよく行くエステの先生は、 「とにかく好きな人をつくりなさい」  と言う。 「何も男と女の関係にならなくてもいいの。綺麗な格好をして男の人とデイトをする。そして待ち合わせ場所に向かう。その際にちょっと鏡を見る。その間に女性ホルモンが急上昇していくのよ」

 と教えてくれた。私はヒトヅマであるが、デイトする男の人は何人もいる。が、本命といおうか、胸がぐっと締めつけられるような男は皆無といってよい。ひとりものすごくハンサムな商社マンがいて、かねてから目をつけているものの、彼は奥さんのことをすごく愛していていつもその話ばかりするからイヤ。

 さて不倫は別にして、健全な範ちゅうに入る恋愛の中で、何といってもいちばん楽しいのは、グループ交際の中の抜けがけというやつであろう。これはミニ不倫といってもよいくらいわくわくする。グループの中の自分以外の女は、彼の本妻と見たてると話はわかりやすい。本妻たちは彼に対して格別の愛情を持っているわけではないが、人にとられるのをとても嫌う。それをかいくぐってつき合っていくスリルときたら、もうたまりません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

美女入門シリーズ最新エッセイ、ますますパワーアップして絶好調です!

美女は飽きない

林真理子
マガジンハウス
2017-06-22

この連載について

初回を読む
美女入門

林真理子

ついに1000回を迎えた、アンアン連載「美女入門」。1997年の第1回には、こんな一文があります。「キレイじゃなければ生きていたってつまらない。思えば私の人生は、キレイになりたい、男の人にモテたいという、この2つのことに集約されている...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite