天才・奇才のつくり方

第23回】ブランドよりも中学合格実績 価値観の変化で序列に異変

親の意識が変化し、ブランド校一辺倒から、具体的な成果が求められるようになってきた。そんな中で中学受験に強い学校が伸びており、お受験校の序列に異変が起きている。

 小学校受験者数は少子化に加え、2008年のリーマンショックによる景気後退の逆風を受けたまま、この数年、減少傾向にある(下図参照)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
天才・奇才のつくり方

週刊ダイヤモンド

才能はどうすれば開花するのか。天才の脳は何が違うのか。早期教育には意味があるのか──。才に恵まれた人たちの人生から才能の伸ばし方と生かし方を探るとともに、天才と早期教育の真実を科学面から明らかにした。異変が起きている小学校お受験の最前...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません