Suchmos・YONCEへの偏愛を聞かされる

CMにも起用され、若者に絶大な人気を誇るミュージシャン・Suchmos。おしゃれな音楽性とファッションで注目されているのかと思いきや……? Suchmosのボーカル・YONCEのファンに勝手にセッティングされ、魅力について話を聞く食事会に行くことになった武田砂鉄さん。既視感のある展開に嫌な予感が漂います。

「cakesで連載している感じで書いてくださいよ」

こういうコラムを毎週連載していると、知人から「○○について書いてよ」と気軽に言われるし、「○○について書けばPV稼げるんじゃないか」とアドバイスを受けるのだが、最も大切なのはPV数ではなく、PV数が極めて少なくても峰竜太を探求する姿勢を維持することにある。「cakesで連載している感じで書いてくださいよ」と本人サイドからPR記事を頼まれることもあるけれど、「cakesで連載している感じ」はPR記事ではないことによって保たれているのである。

しかしながら、業務過多が続くと、誰について書くかのセレクトすらままならないこともあり、そういう時に「○○について書いてよ」と言われるとうっかり乗ってしまいたくもなるのだが、○○について調べたり語ってくれたりするわけでもない。半年に1度くらいしか会わない女性の友人からメールが届く。「私、ようやく気付きました、Suchmos・YONCEの素晴らしさに。魅力を話したくてたまらない。食事をしましょう。15日の夜はどうですか。新宿の餃子屋を予約します」とのこと。Suchmosについての知識はCMに使われている「STAY TUNE」を何度か聴いたくらいのもの。餃子屋に向かう。一方的に話し始める。業務過多ゆえに、以降は彼女の談話でお届けする。

YONCE「虫と上手くやっていく方法は無いものでしょうか」

砂鉄はどうせSuchmos=いけ好かないシティーボーイだと思っているでしょう。違うんだよ、『BRUTUS』に出るような感じじゃないんだよ。YONCEの魅力は洗練されていないところ、いなたい(=田舎臭い)ところにある。今、メディア戦略の一環として、彼がちょっとしたイケメンに仕立てられているでしょう。私はそれに異議を申し立てたい。YONCEはただの田舎の子なの。つまり、どういうことか。彼はね、絶対にエゴサーチをしていない。そう確信できる、純朴な子なんです。そして、彼の魅力はミュージックビデオよりもむしろ、インスタとツイッターに現れている。YONCEはインスタのコメント欄で、地元・茅ヶ崎の友達と「ハゼ釣りしようぜ」と話してたりするの。セルアウトしても姿勢が変わらないって、めちゃめちゃ尊くない?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

7月、武田砂鉄さん1年振りの単著が出ます! 天然パーマから遅刻癖まで、コンプレックスをしつこく探究!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oikekarasuma 武田砂鉄さん連載、この回の文章構成は取材をする人にとって大変勉強になるので、無料登録するかしっかり課金して読んだ方がいいです。 https://t.co/uHhug6Btq7 1年以上前 replyretweetfavorite

pokax2_sun 最初は俺も乗り遅れたーとか思ってた。けどそんなの関係ない。suchmosに出会えた“今”が幸せ。 2年弱前 replyretweetfavorite

u_i_y_i 「何年前くらいからファンなんですか」。答えは「10日」。 だいぶおもろいテンポだったw 2年弱前 replyretweetfavorite

dyaco_huguruma 峰竜太を探求する姿勢を常に支持します。さぱっと切りながらヒズミがある、砂鉄テンポ好き。砂鉄、好き。 2年弱前 replyretweetfavorite