第12回】不足は必至の人気職業 データサイエンティスト

統計家=データサイエンティスト。大量のデータを分析し、そこから有益な結果を導き出すことで、ビジネス上の価値創出のシナリオまで描けるような、データ活用の専門家である。数理統計などを用いた分析スキルとコンピュータプログラミングのスキルを持つ一方、経営やマーケティングなどに関するビジネススキルも兼ね備えた人物像を指す。

 「今後10年で最もセクシーな仕事は統計家だ」──。

 グーグルのハル・ヴァリアン・チーフエコノミストが2009年に語ったこのせりふは、「ビッグデータ」という“流行語”と常にセットで語られるものだ。

 ここでいう統計家とは「データサイエンティスト」とも呼ばれる職種。大量のデータを分析し、そこから有益な結果を導き出すことで、ビジネス上の価値創出のシナリオまで描けるような、データ活用の専門家である。数理統計などを用いた分析スキルとコンピュータプログラミングのスキルを持つ一方、経営やマーケティングなどに関するビジネススキルも兼ね備えた人物像を指す。

 ただ、そんな“スーパースター”はなかなかいるものではない。11年5月に米マッキンゼーが公表したレポートによると、米国では18年までに、高度なデータ分析のスキルを持つ人材が14万~19万人不足すると算出している。

 日本における人手不足感はその比ではない。というのも、データサイエンスの基礎となる統計学を修める人材が、日本は圧倒的に少ないのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
最強の武器「統計学」【4】~統計を使いこなす

週刊ダイヤモンド

マーケティングの分野でニーズが高まる、ビッグデータの収集と分析。データ活用に関する意識の高低が企業の明暗を分けるといっても過言ではない。スポーツ、リクルート、投資、ウェブサービス、機械翻訳など、データ解析を活用したビジネスの事例を紹介...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_take_uchi データサイエンティスト。ノマドよりよくね?  5年弱前 replyretweetfavorite