それでも僕は、外科医をやめない

奥さんを何と呼べば良いかわからぬ問題

自分と同じくらい大切な人を尊重するために、試行錯誤しながら雨月氏は今日も問題にぶつかります。人の呼び名というのは案外難しいもので、普段の人間関係の中でも「さん付けするか?」、「下の名前で呼ぶべきか?」という問題もあります。今回は、最も近い他人である「配偶者」の呼び名について考えます。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

全国的に梅雨入りしました。

梅の季節でもないのになぜ「梅雨」と書くか、ご存知ですか?諸説ありますが、私が一番好きなのはこんな説です。

6月の雨季は日々雨が降り、ジメジメした季節だから黴(かび)が生えやすい。「黴雨(ばいう)」という言葉から漢字が変わり「梅雨」となった。

黴雨という言葉で私が連想するのは、幼き頃の風景です。あれは確か小学校に入りたての頃、農家の友人の家で隠れん坊をして遊んでいました。農耕器具や藁、トラックなどが置いてある車庫に私は隠れていたのです。時刻は夕暮れ時、カアカアとカラスの鳴き声が遠くに聞こえます。車庫は思いのほか暖かく、ホコリや砂で少し煙っていて、そこに雨上がりの夕日がさっと射し込んでいました。オレンジのような、黄金のような、きらきらとした陽射しに照らされる車庫の中の空気を見ていたら、不意に大きな人影が入ってきました。その家の父親でした。逆光でしたから、顔は見えません。私の存在に気づいていないのか、彼は無言で入ってきました。その時のその父親のシルエットは、もやに包まれた威厳のある農夫といった風で、私は恐ろしさとともに神々しさを覚えたのです。その時に嗅いだのが、黴とほこりの混じった匂いでした。それ以来、雨の季節にはいつもこの時の黴の匂いを思い出すのです。

おっと、昔話が過ぎましたね。

さて、今回は「人前で奥さんのことをなんと呼ぶか問題」についてお話ししたいと思います。親愛なるcakes読者諸氏におかれましては、前々々々回に連載上で独身をこじらせた私が結婚をしたご報告をご覧いただいたことと存じます。

私ほど結婚にビビっていた男も珍しいでしょうが、この結婚なる珍しい経験をした後に起こった様々な出来事について、どうしても読者の皆様にシェアしいろんなご意見を頂戴したいと思うのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano 自分が結婚していたときは夫のことを「ダンナ」と言ってた。あと元カレが 2年以上前 replyretweetfavorite

hitomi_nekosan |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 私も妻&夫がいちばんスマートだと思います。『旦那さん』と呼ぶ人居ますけど、内心、この女バカそうと思ってます。 https://t.co/NToCaVQ2gl 2年以上前 replyretweetfavorite

K_akiya 性別すら無関係な「配偶者」を使おう!堅苦しいのが問題だ。 2年以上前 replyretweetfavorite