逆らえないタイプの女性

警官の山本の実家までやってきた百鳥ユウカさん。目的は山本の妻である和子さんと出会うこと。どうして、ほとんど付き合わずに結婚を決めたのか? 百鳥ユウカさんが考える理想の結婚とはちがう、もうひとつの理想の結婚。

池崎は、高畑と一緒にエンジェルロードにやってきていた。

エンジェルロードというのは、いわゆる干潮時にできる干潟のことで、小豆島の池田港からしばらくいったところにある離れ小島まで、春〜夏なら早朝・夕方ごろにできる小道のことを指している。夏休み中には観光客が溢れているがいまはまだ春先なので、それほど人はいない。

夕方のこの時間、崖上から階段を伝って浜辺に下りると、向こうの小島まで砂の道が続いていた。ちょうど干潮の時間のようだ。

「池崎くん、あっちの島まで行ってみようよ」

「いいですよ、僕は。この道もあと1時間もしたら海の中に沈んでしまうそうですから、あっちの島にはいかない方がいいですよ」

「なんだよ、年の割に保守的なんだな」

「え! 高畑さん、あなたがおかしいんですよ。なんで僕と一緒にエンジェルロードを歩こうなんて思うんですか!」

「だって、君といま一緒にいるからだろう。旅は道連れだよ」

さらに議論を重ねることに徒労を感じた池崎はすごすごと高畑の後ろをついて、エンジェルロードを歩いた。

「よし、ここでいいな」

エンジェルロードの真ん中まで来たときに、高畑が池崎の方を向いて写真を一緒に撮ろうと言い出した。

「バカ言わないでください。なんで恋敵と一緒に写真を撮らなきゃいけないんですか?」

「バカも何も一緒に撮ることに意味があるんだよ。だって、考えてもみなよ。ユウカさんは、僕らが喧嘩をしだしたことで車を突然降りて、どっかに行っちゃったんだよ。それなら、僕らが仲直りした姿を見せれば、戻ってくるかもしれないじゃないか!」

「は〜〜〜〜!!!」

大きな声をだして、池崎は異を唱えた。

「そもそも、この旅行にあなたがやってきたから、ユウカさんはどっかに行ったんですよ。あなたが来なければ、こうして男2人で旅する羽目になんかならなかったんだ」

「来てしまったものはしょうがないだろう。それに、ユウカさんは君だけのものじゃないよ。僕にも好きだって言う権利はある」

「ない!」

「ある!」

子供のような「ある」「ない」の言い合いが続く。とはいえ、この喧嘩の原因であるユウカがここにいない以上、解決はしないだろう。

高畑は、ポケットから携帯を取り出すと、無理やり自分と池崎の2ショット写真を撮った。

「何を撮ってるんですか!」

「いいよ、とりあえずこの写真をユウカさんに送るから。僕らがエンジェルロードで仲直りしたのを見たら、天の岩戸も開くだろう」

高畑は送信ボタンを押した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません