人と人をつなぐ包括的プロセスへの変化/21世紀の新しいマインド、ノームコア【第61回】

全原稿を火・木の週2回で公開してきたジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』。本文はのこすところあと2回となりました。
ひとつの出会いからコミュニケーションを生み出し、共同体を継続するには、どうしたらよいのでしょうか。

人と人をつなぐ包括的プロセスへの変化

 米国の先端的なメディア、「バズフィード」の創業者であるジョナ・ペレッティさんは、こう語っています。

「記事や動画は個人に向けて最適化されるのではなく、どのような記事や動画を読者がみんなと共有したいと考えているかということに、フォーカスしていかなければなりません」

 ひとりの個人に向けるのでなく、仲間や共同体に向けて情報を送り届けるのだという考えかたなのです。ここで、先に書いた2つの真逆の方向性の問題に、解決の糸口が見えてきました。

「ビッグデータによって情報が絞り込まれ、的確に届くということ」と、「わたしたちのプライバシーが侵害される感覚にならないこと」

 この2つの真逆の方向性を解決するには、共同体という概念を間にさしはさめばいいのです。わたしたちひとりひとりに的確な情報をパーソナライズして届けるのではなく、「わたしたち」という仲間、共同体に的確に届ける。それによってプライバシーの問題は解消することができるのです。

 さらにこの2つが交叉する地点では、メディアの意味も変わってきます。

 ペレッティさんは、こうも語っています。

「『バズフィード』は単なるメディアではありません。ニュースや動画やライフスタイルやさまざまなコンテンツを、ウェブやモバイル、アプリなどを経由して配信する『包括的なプロセス』なのです」

 メディアではなく、プロセスだというのですね。これまでのようにテレビや雑誌、新聞、ラジオといった媒体だけを意味するのではなくて、インターネットはもっと大きなものになっていく。人々をくるみ、そこに人々のあいだのつながりや個人としての満足など、みんなが求めている結果をうみだすための支えになっていくというようなイメージでしょう。メディアの変化はここでも語られています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao メディアの未来像とは「健全な日常と非日常。そこに生まれる鮮烈なライブ体験と、共同体意識。それらすべてをくるみ、 約2年前 replyretweetfavorite

anonimastudio 「ノームコア」は、ファッションだけにとどまらず、これからの暮らし方のキーワードです。 @cakes_news: 約2年前 replyretweetfavorite