ライブ体験+継続的なコミュニケーション【第60回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中です。いよいよ第4章も残すところあと数回となりました。
お客さんとメディアが共有できる、鮮やかなライブ体験はどのように作り出していけばいいのでしょうか。
お話は、見るとお腹がすいてしまう、とあるコメディ映画からはじまります。

ライブ体験+継続的なコミュニケーション

 これらをどう実現していくのかというのが、今後のメディア空間のテーマとなっていくでしょう。

 アメリカでは最近、フードトラックが人気です。トラックを「屋台」に改造し、その場で調理した料理を出すトラックです。日本では食品衛生の規制もあってか、さほど普及していませんが、アメリカではごく当たり前に日常的な食を担うようになっています。

 2014年には『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』というコメディ映画もありました。観ているだけで「うわー食べたい! 腹減った!」とお腹がぐうぐう鳴ってくる、シズル感満載の映画です。

 ストーリーは、ロサンゼルスの超人気レストランに勤めている中年の雇われシェフが主人公。ある日、その店に、レストラン批評で人気の著名ブロガーがやって来ることになります。シェフは張り切って、斬新な新しい料理を出してやろうと待ち構えます。ところが保守的なオーナー(ダスティ・ホフマンが好演しています)に口をはさまれて、結局、いつもながらの定番料理を出すことになってしまったのですね。

 ありきたりの料理にガッカリしたブロガーは、酷評します。「シェフが激太りしているのは、客の残した料理を食べ続けた結果だろう。星ふたつ」。

 これに怒ったシェフは、慣れないツイッターでブロガーを罵倒してしまうのです。結果はみごとに大炎上。おまけに再び店にやって来たブロガーにつかみかかって、それも客にスマホで撮影され、ユーチューブの動画で世界中に流れてしまう。

 高級レストランをクビになり、すべてを失ったシェフは、息子と一緒にフードトラックで料理人人生をやり直す決心をするのです。提供するのは、超旨いキューバの料理。旅をしながら熱々の肉のサンドイッチを売りまくっていくシーンは、最高でした。

 この映画には、料理をする描写がたくさん出てきます。シェフが息子にチーズトーストをつくってやるシーンが中でもすばらしい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

pom2e 映画シェフを見たくなった。 2年弱前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』という映画のお話。この映画、観ているだけで「うわー食べたい」とお腹がぐうぐう鳴ってくる、シズル感満載。 2年弱前 replyretweetfavorite

anonimastudio 鮮やかなライブ体験を、日々の暮らしのなかで共有していくことで、共同体が育っていきます。 @cakes_news: 2年弱前 replyretweetfavorite