ライブ的な体験を共有する仕掛け【第59回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中。終章となる第4章は、著書『レイヤー化する世界』でも展開されていたテクノロジー論から、共同体の話につながっていきます。
前回に続き、暮らしに寄り添う企業の取り組みをご紹介します。ご登場いただくのはトマトジュースのメーカー「カゴメ」です。

ライブ的な体験を共有する仕掛け

 そのような例を、もうひとつ紹介しましょう。トマトジュースで有名なカゴメ株式会社です。

 2012年とかなり以前の話になりますが、クオンという消費者コミュニティ開発を手がけている企業の紹介で、同社を取材したことがあります。当時カゴメは「KAGOMEわくわくネットワーク」というコミュニティをインターネットの中で運営していました。

 これがどのようなコミュニティだったのかというと、「凛々子」というトマトの品種を中心にした共同体なのです。凛々子はトマトジュースをつくるためのカゴメオリジナルの品種で、70年の歴史を持っているのだそうです。まっかに完熟するのが特徴で、適度な酸味のさっぱりした味わいなのだとか。

 カゴメはこの凛々子の苗のプレゼント活動をしてきました。食育支援というかたちで、たとえば幼稚園や小学校に、時にはプロモーションなどで街頭配布などしてきたのです。そしてインターネットの普及とともに、ウェブサイトでも配るようになりました。これが「KAGOMEわくわくネットワーク」だったのですね。このコミュニティに登録した参加者は自分で凛々子を育て、その生育日記をサイト内で公開して、ソーシャル共有できました。春に苗の植え付けをしてから秋に収穫し、トマト料理をつくるまでの一連の流れをコミュニティの中で楽しむことができるという構成です。

 このコミュニティがスタートしたのは2007年。カゴメのトマトジュースのブランド価値を高めようという狙いだったのですが、そもそもトマトジュースや野菜ジュースのような日常的な飲み物だと、高級ブランドと違って消費者とのつながりがそんなに強くなっていません。もちろん「健康」「野菜生活」といったイメージはトマトジュースにはあるのですが、そういうイメージだとあまりにも普通すぎて、訴求力がないと考えられました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません