メディアの3Cモデル【第56回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中。終章となる第4章は、著書『レイヤー化する世界』でも展開されていたテクノロジー論から、共同体の話につながっていきます。
構造を「3Cモデル」でとらえることで、変化しつつあるメディアの本質が見えてきます。

メディアの3Cモデル

 メディアは、文化を支える土台のようなものです。それは紙の雑誌だろうが、電波を受信するラジオだろうが、ネットのウェブサイトであろうが、なんら変わりはありません。かつて若者たちが深夜、小さなラジオ受信機を耳にあて、パーソナリティーたちのしゃべることばに夢中で耳を傾けたように、いまはネットの中に形づくられる文化圏に人々は集まり、寄り添いあおうとしている。

 つまりメディアは、文化そのものであるといってもいいのです。

 メディアは文化であり、その文化につらなる人たちが集まる空間をささえる構造である—わたしは未来のメディアをそのようなビジョンとしてとらえています。さきにわたしは「すべてがメディア化していく」と書きました。これはあらゆる場所が文化圏となり、たがいに共鳴できる人たちがそれらの場所に集まり、共同体的なものをつくっていくということなのです。かつて紙の雑誌がつくっていた共同体よりもずっと複合的で、多様なかたちで。その共同体は、一時的で限定的なものである場合もあれば、継続的で強い引力を持つ場合もあるでしょう。

 このような新しいメディア像があらわれてくると、メディアの構造も変わってくるでしょう。このビジョンでは、もはやメディアを「インターネットか紙か電波か」といった区分けをすること自体があまり意味を持たなくなってきます。

 インターネットが広まっていく段階にあった2000年代ごろまでは、ネットと伝統的メディアの対立構図というのはたしかにありました。わたしも当時はそういう議論をしていました。しかし2010年代に入り、SNSとスマートフォンが普及するようになって、その構図は急速に薄れてきています。

 メディアの構図を、コンテンツ・コンテナ・コンベヤという三つの「C」で説明するモデルがあります。これは技術者の及川卓也さんが発案された考えかたで、「3Cモデル」と呼ばれています。コンテンツは記事や動画。コンテナはそれらの記事を運ぶ容器。コンベヤは容器のコンテナを配達してくれる媒体です。新聞と地上波のテレビは以下のように説明できます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mokomoko924 .@firstround とか「社会的動物である人間ならではのこういう欲求」をうまく察知して 約2年前 replyretweetfavorite

butamissa0 メディアは文化でもあるし、コミュニティでもあると思う。 約2年前 replyretweetfavorite

elba_isola |佐々木俊尚 @sasakitoshinao |そして、暮らしは共同体になる。 やっぱり 約2年前 replyretweetfavorite

shigekit302 すごくシンプルに説明してくれている。/ " 約2年前 replyretweetfavorite