脳みそ喰われても痛くないって、ホント?

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くないってホント?  モーツァルトの耳はヘン?  「医療商人」にダマされない方法とは?  医療小説の名手・久坂部羊さんによる、世にも楽しい医学講座の開講です!

まえがき

 私は現在、健診センターに非常勤で勤務するかたわら、医療小説を書き、三足目のワラジとして福祉系の大学で「医学概論」の講義をしています。本書は、その講義ノートの一部を読み物ふうにアレンジしたものです。

 サブタイトルを『モーツァルトとレクター博士の医学講座』としたのは、講義中に脱線する雑談の中に、モーツァルトや、『羊たちの沈黙』でおなじみのハンニバル・レクター博士などがよく登場するからです。

 私はもともとは外科医ですが、麻酔科にもしばらく所属し、そのあと外務省に入って、日本大使館の医務官という仕事で、サウジアラビア、オーストリア、パプアニューギニアの三カ国に在勤しました。そのあと日本にもどって、高齢者医療の世界に入り、はじめはデイケアのクリニックに勤め、さらに寝たきりや認知症の高齢者の訪問診療をしていました。

 医学というと、なんとなくむずかしいイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。医学は病気や健康だけでなく、我々のふだんの生活にも大きく関わっています。

 たとえば、慢性の便秘はなぜ起こるのか。答えは、大腸がお腹の中にどのようにしまい込まれているかにヒントがあります。

 あるいは、アルコールを飲むと、なぜトイレに行きたくなるのか。アルコールに利尿作用があるのなら答えは簡単ですが、そうではありません(正解は第一講にあります)。

 また、老化が進むと、背中が曲がるのはなぜか、心臓のドクン、ドクンという音は何を聞いているのか、「クモ膜下出血」はなぜ「クモ膜」の「下」に出血するのかなど、ふだんあまり考えないことでも、理由を知ればなるほどと思うことも少なくありません。

 ほかにも、高血圧はなぜ身体に悪いのか、メタボリック・シンドロームはほんとうに心配なのか、がんと生活習慣の関係は? 心臓病の治療はどこまで進んでいるのか、認知症は治るのかなど、医学に関する興味や疑問は、日常的にもいろいろあるでしょう。

 アンチエイジングや、ダイエットもよく話題にされますが、身体のことをよく知らずに取り組んでも、努力が無駄になったり、逆効果になったりする危険があります。

 今は健康に関心を持つ人が多いので、健康情報がビジネスに悪用されることも少なくありません。巷にあふれる怪しげな健康食品やサプリメント、老化防止の裏ワザのように宣伝される医薬部外品、根拠ゼロのボケない秘訣などに、だまされないようにするためにも、身体のことはよく知っておいたほうがいいでしょう。

 本書では、最新の研究によって覆された医学の常識・非常識についても書いています。

 牛乳をとりすぎると骨が弱くなり、かえって「骨粗鬆症」になりやすいとか、毎年、健康診断を受ける人は、受けない人より短命であるとか、がん検診はがんの死亡率を下げないなどです。

 脳死患者が動くとか、狭心症の薬はダイナマイトの成分と同じだとか、モーツァルトの耳はできそこないだったなどのトピックスも紹介しています。

 また、医学のすべてがわからなくても、少し知れば、自分の身体のことがわかり、病気の予防や治療にも役立つでしょう。それだけでなく、映画や小説を楽しむことにもつながります。 たとえば、リドリー・スコット監督の映画『ハンニバル』(2001年)では、美食家のレクター博士が、司法省の役人の脳を、生きたままスプーンですくって食べるシーンがありますが、あれは医学的には実際にできると思って観れば、おもしろみも倍増するのではないでしょうか。

 ちょっとした医学知識を身につけることで、健康にも役立ち、日々の生活に思いがけない彩りが添えられることを願って、本講座をはじめたいと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読み出したらとまらない! 謎がいっぱいの医学の世界へようこそ。

この連載について

カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

officekinton 先日作った、cakesのバナーです。連載はじまりました〜! https://t.co/1984i9XtJm # 1年以上前 replyretweetfavorite

9yen キャッチが異様に上手い。楽しみ。 1年以上前 replyretweetfavorite

elba_isola |久坂部 羊|カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座 これはまた楽しみな連載が始まったわ💕 https://t.co/UNQcuWVFm7 1年以上前 replyretweetfavorite

waterproofcandy  この連載面白そう。羊たちの沈黙また見たくなった。 1年以上前 replyretweetfavorite