フェイスブック投稿で10人がハーバード大学合格取り消し。その理由は?

アメリカの名門・ハーバード大学が、Facebookで不適切なやりとりをしたとして、この秋に入学予定だった少なくとも10人の入学許可を取り消したそうです。
日本では考えにくい事態を、アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが紐解きます。

SNSでの投稿で合格を取り消されるのはなぜか

今年4月、ハーバード大学で少なくとも10人が合格取り消しになる事件があった。理由はフェイスブックの投稿だった。

日本人にしてみれば、「特定の思想を抑圧するのは問題ではないか」、「大学がそこまでするのはやり過ぎでは?」という疑問も出ているようだが、どうしてこのようなことがよしとされるのか、検証してみよう。

大学合格が決まった学生は、肩の荷が降りてつい暴走しがちだ。しかし、そこには落とし穴がある。アメリカの大学には、学生の合格を取り消す権利があるのだ。高校の最終学期の成績がガタ落ちになったり、酔っぱらい運転で事故を起こして合格取り消しになるようなケースはけっこうあるという。

ハーバード大の学生新聞『ハーバード・クリムゾン』の記事によると、今回合格取り消しになった学生らは合格者同志が繋がるフェイスブックのページで「Harvard memes for horny bourgeois teens(好色なブルジョア・ティーンのためのミーム)」というプライベートグループを作り、そこで性的に露骨なメッセージを取り交わしていた。
グループのタイトルにある「ミーム」とは、ソーシャルメディアなどでコピーされて、どんどん拡散していく画像やビデオなどのことだ。

問題になったのは、このグループが取り交わしていたミームの内容だ。クリムゾン紙が入手したスクリーンショットによると、性暴力、ホロコースト、児童の死などをエンタメとして笑いの対象にしていた。児童虐待をすると性的に興奮するというメッセージ、人種・民族マイノリティをターゲットにしたものもあった。

「メキシコ人の子どもを吊るしてピニャータにする」ことを語っていた者もいた。アメリカの子どもの誕生日パーティでは、キャンディを中に詰めた「ピニャータ」というハリボテ人形を目隠しして木の棒で叩く「スイカたたき」のような遊びがある。それはメキシコから来た遊びなので、うまい冗談のつもりだったのだろう。

このグループの存在と取り交わしていた内容が明らかになった後、ハーバード大学は、グループに参加していた学生たちに自主的に投稿内容を提出するよう求めた。そして、問題の投稿をした学生たちに合否の再考察をしていることを伝えたという。
その結果、グループのメンバーの一部が合格を取り消された。

この情報を私がツイッターで伝えたところ、「特定の思想を抑圧するのは問題ではないか」、「大学がそこまでするのはやり過ぎでは?」という反応があった。こういった懸念や疑問が出るのは、日米の大学の入試制度、大学の運営システムなどが根本的に異なるからだろう。

アメリカの大学の7つの主な合格基準
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RieDorji だからアメリカはまだ大丈夫と思わせられるんです。必読です! 15日前 replyretweetfavorite

HAL909 "卒業後に成功し寄付してくれる学生を選ぶのは重要なこと。" 16日前 replyretweetfavorite

vertanl 当然の処置だろう。学業優秀でもEQや常識、道徳観に欠ける人が高学歴者として世に輩出され人の上に立つことを考えれば、それに相応しくない者を受け入れないのは、由緒ある有名大学としては当然の責務である。https://t.co/SJdE9ZJJ9K 16日前 replyretweetfavorite

ken1ro_sato 「…卒業後に成功し、寄付してくれる学生を選ぶのは、大学の存続にとって非常に重要なこと…」 16日前 replyretweetfavorite