すべてのジャンルはマニアがつぶす」

「すべてのジャンルはマニアがつぶす」、どん底の低迷期を経てV字回復を果たした新日本プロレスオーナーの言葉です。bar bossa店主・林伸次さんは、この言葉はどんなジャンルでも共通するといいます。なぜ一番のファンであるはずのマニアが「つぶす」側にまわるのか、そうならないためにどうしたらいいのか、考えます。

すべてのジャンルはマニアがつぶす

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある方から「ボサノヴァを聴いてみたいんですけど、なんか難しそうで」と言われました。音楽を聴くのに「難しそう」って変ですよね。今ならYouTubeで「bossa nova」適当に好きなのを聴いて色々とチェックすればいいだけなのに、「難しそう」ってやっぱり変です。

だって、「AKBを聴いてみようかなって思うんだけど難しそうで」とか「エグザイル周辺を色々聴いてみたいんだけど、色んなグループやメンバーが難しそうで」って誰も言わないですよね。でも、ボサノヴァとかジャズとかソウルとかクラシックとかだと、「何か難しそう」ってみなさん感じてしまうんです。

それってこういう理由だと思うんです。例えばジャズを聴こうと思って、ジャズ紹介本とかサイトとかを見るとします。そしたら書いてあることが面倒くさいんですよね。「これはジャズと言えない」とか「この時期はソウルにも商業主義がはびこり」って書いてあって、文字通りの音を楽しむ雰囲気じゃなくなっているんです。

あるいはその紹介本をアマゾンで買おうとチェックしたら、「もっと歴史的な経緯についてふれてほしかった」とか「書いてあることは面白いのだが、人名のカタカナ表記が残念」ってレビューされていて、☆一つがズラリとあったりすると、確かに「なんか難しそう」とかって思ってしまいますよね。

こういう現象を新日本プロレスの木谷高明オーナーが「すべてのジャンルはマニアがつぶす」と言っていました。そのジャンルが面白そうで入っていこうとする初心者をマニアが入り口で潰してしまうんです。そしてマニア同士がジャンルの中で喧嘩をして、そのジャンルが潰れてしまうのだと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊が発売中です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

7007Neko なかなか興味深い記事でした! 僕もマニアックな人だと言われることが多いので、十分気をつけようと思いました(@_@) https://t.co/bhe7bYw6ex 約1年前 replyretweetfavorite

mmr_hrk 界隈を伸ばすファンでありたい…。(自戒 → 約2年前 replyretweetfavorite

yamachan_spd うんうん。 業界人(またはプロフェッショナル)と勘違いしている「マニア」いますよね。 約2年前 replyretweetfavorite

HidekiKadoma すべてのジャンルはマニアが潰す https://t.co/MsNWvVEu7o 約2年前 replyretweetfavorite