アイドル文化の未来のために!

アイドルの世界を誰よりも知る中森明夫さんが、アツい思いで書き下ろした『アイドルになりたい!』。特別掲載の8回目は、世界に誇るべき日本のアイドル文化を広く永く伝えるにはどうすればいいか、というお話。たった一人の想いでも、伝言ゲームのように広がっていけば、世界すら変えられるということが語られます!

ぼくをよんでください!

 この国の政府は、クールジャパン政策とかなんとか言って、漫画やアニメなど日本のサブカルチャーを海外に輸出することを推奨している。アイドルもそうだ。世界各国で開催されるジャパン展のようなイベントに、日本のアイドルが出かけていって、ライブをやり、いろんな国の人たちを楽しませている。

 アイドルのすばらしさを世界中に広めている。いいことだ。

 アイドルは日本の誇るべき文化なんだ。

 ならば、この国の政府や政治家たちが、アイドルを利用するのではなく、アイドルの文化を守るため、より発展させるため、もっと貢献するべきだ。努力するべきなんだ。

 ヒップホップが小中学校の必修科目になったように、アイドル活動が学校の授業になったって全然いい。文科省が認めれば、できる。

 少なくとも、アイドル部が全国の学校に広まるように後援するべきだ。

 そのために、ぼくは自分にできることをやろうと思っている。政治家や、役人や、学校の先生や、いろんな大人たちに会って、自分の考え方を伝えたい。

 彼らを〝アイドルの味方〟にするために。
 がんばって、説得しようと思う。

 いや、大人たちだけじゃない。きみたち若い世代に対して、アイドルのすばらしさを伝えたい。そのために、今、こうして本を書いているんだ。

 講演や、トークライブや、テレビやラジオや雑誌の仕事で、全国をまわって、たくさんの人たちにそんな話をしたい。

 ぜひ、ぼくをよんでください!

 アイドルという文化を永く持続させたい。よりにぎやかに、より楽しく、より広く発展させたい。
 アイドル部を作ろう! というのは、その一つのアイデアにすぎない。

 もっといいやり方があるかもしれないね。きみも考えてくれないかな?

 そうして、いいアイデアを思いついたら、どうか、ぼくに教えてほしい。この本の出版社宛に手紙をくれるのでもいいし、ぼくはツイッターをやっているから、リプライをください!

(ツイッター・アカウント⇒@a_i_jp)

きみは世界を変えられる

 何かを変えようと思ったら、とても自分一人の力じゃ無理だ。たくさんの人たちの協力が必要になる。

 けど、誰か最初の一人が本気で想いを伝えて、その考え方がよかったら、きっと大勢の人に伝わるはずだ。状況は変わるはずだ。
 時間はかかるかもしれないけどね。

 ぼくは最初の一人になりたい。
 実は、これは、アイドルになりたい! と思っているきみにとっても、大事な考え方なんだ。

 まったく無名の女の子が、アイドルになって有名になる。そのためには、彼女をアイドルとして認めて、すばらしさを他の人にも伝えた、誰か最初の一人がいたはずなんだ。

 ぼくは、その最初の一人になりたい。

 最初の一人が、次の人へ、次の人がそのまた次の人へ、さらにまたまた次の人へ……想いを伝えてゆく。伝言ゲームみたいなものだね。

 あのね、きみには知り合いがいるだろう? 友だちとか、先生とか、親せきのおじさんとか、かかりつけのお医者さんとか。で、その知り合いにも知り合いがいる。そうして、知り合いの知り合いの知り合いの……って、ずーっとつなげてゆく。

 いったい何人つなげたら、世界中のすべての人たちとつながると思う?
 なんと、たった6人なんだ!
 そういう研究結果があるんだよ。

 知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合い—たった6人のつながりで、きみは中国の誰かとも、フランスはパリのチビッコとも、遠いアフリカのおじさんとも、地球の反対側の○○さんとも、そう、全員とつながることができるんだ。

 これって、すごい!

 つまり、知り合いの知り合いの知り合いの……って、6人の人たちに想いを伝えることができたなら、きみは世界中のすべての人に想いを伝えることができるんだ。

 きみは世界を変えられるんだよ!
 ねっ、すごいと思わない?

 一人のまったく無名の女の子が、ある日、有名なアイドルになれるように、ぼくたちは世界を変えることができる。

 それは目の前の誰か一人に想いを伝えることからはじまる。
 ぼくにとって、その目の前の誰かとは……きみなんだ!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読み始めたら止まらない、本格的アイドル入門本!

この連載について

初回を読む
アイドルになりたい!

中森明夫

「アイドルとは、『好き』になってもらう仕事」--。アイドルの世界を誰よりも知る作家/アイドル評論家の中森明夫さんが、満を持して放つ『アイドルになりたい!』。中森さんだからこそ語れる、アツくて深い言葉たち。「アイドルになりたい人」だけで...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tokuyoshikeiji https://t.co/mIxXw8UOMv ( ´へ`)г.。oO(回を増すごとに比例して新興宗教じみた内容になってきてる件〜無自覚なのかそうでないのかは知らんが=З 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

hddz またロマン優光さんが激憤にかられそうな一文だな…。 > 2年以上前 replyretweetfavorite