ごはんに酢を混ぜれば、立派な寿司! 2日目ご飯の大変身。


アフロで無職で独身の、稲垣えみ子52歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き不要、準備は10分でOK。今日もおいしく、いただきます!


3日目の美味、おじや。では2日目は?

 みなさまこんにちは。そろそろ暑くなってきましたね。冷蔵庫のない暮らしでは暑さは切実な現実です。3日目のご飯が入ったおひつを開けるたびにドキドキしているイナガキです。

 さて、先週までのおさらいです。
 私がご飯を炊くのは3日に一度で、1日目は「炊きたて」をひたすら楽しみ、それ以外の日は「硬くなったご飯」を楽しむ。で、その「それ以外の日」のメニューの代表格が「おじや」である……ということを書きました。

 これをもう少し正確に申し上げますと、おじやを作るのは「3日目」と決めております。
 おじやが好きすぎるので、本当は毎日おじやでも構わないのです。
 でも炊きたてのご飯でおじやを作るなんてことは、絶対しない。あくまで「カチカチになっておじやじゃないと食べられない」日だけのお楽しみ。

 だってね、炊きたてご飯でおじやを作っても、どうも美味しくないんだよ。なんか味がボケる感じなんだよね。
 ご飯がカチカチになるって、考えてみれば「干し野菜」みたいなもの。干すと、なんだって味が濃くなるのです。つまりはおじやとは、ご飯をわざわざ干して味を濃くしてそれを煮るという手間暇をかけたゼータク品なのでありました!


 そう考えれば、おじやって究極の贅沢といえないこともない。
 そう、炊きたても最高。カピカピも最高。
 誠に世の中のあらゆるものは、見方によってはすべて最高なのであります。

「寿司」の定義を勝手に拡大。

 というわけで、今回は「2日目」のご飯について。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

suerene1 こういうの結構好きだな。 →  https://t.co/gLwRDUkoFR 3年弱前 replyretweetfavorite