天才・奇才のつくり方

第10回】東京藝大がついに本気を出す 小中学生「英才教育」の全貌

音楽でも美術でも、東京藝術大学は日本の最高峰だ。その藝大が、小中学生を対象にした早期教育に乗り出した。将来の天才は生まれるのか。その全貌を明らかにする。

 ピアノにさほど興味がない人でも、「ショパン国際ピアノコンクール」の名前ぐらいは聞いたことがあるだろう。世界で最も権威のあるコンクールの一つで、5年に1度、ポーランドの首都、ワルシャワで開催されている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
天才・奇才のつくり方

週刊ダイヤモンド

才能はどうすれば開花するのか。天才の脳は何が違うのか。早期教育には意味があるのか──。才に恵まれた人たちの人生から才能の伸ばし方と生かし方を探るとともに、天才と早期教育の真実を科学面から明らかにした。異変が起きている小学校お受験の最前...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません