それでも僕は、外科医をやめない

独身こじらせ男に結婚がもたらした予想外の好影響

先々月に衝撃的な結婚告白をした雨月氏ですが、そろそろ落ち着いたところで、雨月氏からの結婚通信です。結婚が雨月氏にもたらした影響とは、どのようなものだったのでしょうか。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

5月は終わり、いよいよ雨の季節がやってきました。街をすっぽりと包む灰色の雲から落ちてくる水滴が、この世界を埋め尽くす季節。私は好きです、梅雨という季節。

え、雨は嫌いですって? なに、簡単ですよ。お気に入りの傘やレインブーツの一つも買えば、すぐに雨の日も気分良くなります。人間ってそんなもんです。ちなみに私は浮世絵の「赤富士」の柄の折りたたみ傘を使っています。もうすぐ和傘も届くでしょう。

私は和や浮世絵が好きなのでこんなものを使いますが、なんでもいいのですよ。猫が好きなら猫の柄の傘を、ビーフカレーが好きならビーフカレー柄傘を使えば梅雨の憂鬱さはかなり減るのです。ぜひどうぞ。

さて、今回は私の話を。

私はミドサーを終えようとしている歳で初めて先日結婚を致しました。結婚して数ヶ月経ったので、結婚の感想を述べたいと思うのです。そんなもん日記に書けよと御叱りを受けそうですが、一応私は「結婚恐怖症」に罹患していた元独身こじらせ男です。東京でも結婚怖いランキング4位くらいには入っていたと思います。そんな私が結婚をしたところ、いくつかの気付きがあったので親愛なるcakes読者の皆様にシェアしたく存じます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain 「結婚って、おめでたいことだったのですね。私はこじらせ過ぎていてそんなことも忘れていたようです。」 2年以上前 replyretweetfavorite

kthkr0214 |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 誕生日は、存在するだけで価値がある事を思い出す日。 雨月氏の惚気コラムも私は好きだな。こじ男女の希望 https://t.co/BJJV1x4wVw 2年以上前 replyretweetfavorite

kyokokwanau |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 結婚して良かったのは 恋愛のレースから離脱できた事。意識しすぎず男性も普通の友達になれる喜び。 https://t.co/vsbiMKHvtA 2年以上前 replyretweetfavorite

_sa_wa_ra_ 私も今まさに「結婚するとお祝いされる」ことに驚きを感じているところ。 結婚ってめでたいんだなって。 ▷ 2年以上前 replyretweetfavorite