出会いの場」を自分でつくってみて気づいたこと

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリー当事者のきのコさんは、複数愛について語るイベントやホームパーティをこれまでたくさん開いてきました。そんななかで気づいた、「初対面の人同士でもリラックスして語り合える場をつくるコツ」や「ホームパーティを開くときに気をつけていること」などを詳しく綴っていただきました。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

先日の記事「「出会いがない」と嘆くあなたへ」の中では、自分の興味に合いそうなイベントに参加することが効率のいい「出会い方」の一つだというお話をしました。

今回はさらに上級編として、「自らイベントを主催する」という方法をお伝えしたいと思います。私が主催している「ポリーラウンジ」というポリアモリーに興味がある人の交流会や、自宅でのホームパーティーを開く時のポイントについて、お話していきます。

会場探しで一番気をつけていること

まずはイベント全般にいえることですが、自分で主催するのですから、場所からゲストから飲み物・食べ物、かける音楽やインテリアにいたるまで、自分の好みで決めることができます。

最近は貸し会議室やレンタルカフェなど「場所の時間貸し」ビジネスも定着してきた感があり、レンタルスペースの検索サイトも充実していますので、やりたいイベントに合わせて場所や設備を選ぶことも難しくありません。コストを抑えたい場合は、自治体が運営している公民館などを利用することもできます。

私がポリーラウンジを主催する時に気をつけているのは、できるだけ「畳に座れるイベントスペース」を探すこと。イメージはスーパー銭湯によくある畳の大広間で、皆が飲んだり食べたりお喋りしたり寝転がったりしている、あののんびりとした空間です。

非日常の空間で、20人と愛について語り合いました」でも書いたように、経験上、なぜか「畳に座布団」の方がくつろいで話をすることができるのです。椅子より座布団の方が、不思議と物理的にも精神的にも距離が近くなりやすいような気がします。

一体感をつくるためのポイント

それから、準備や後片付けはできる限り参加者も含め皆でやります。その場の誰もが一緒に何か作業をすることで、主催者と参加者、または参加者同士の間の垣根を取り払い、一体感が生まれるのです。

「主催者だから責任をもって皆をもてなさなければ」と思い込まず、ホストとゲストとにきっちりと分けすぎない方が、「皆でつくるイベント」という感じを楽しめるのではないでしょうか。

他には、飲み物・食べ物を準備すること。

音楽をかけること(クラシックなど落ち着いたものよりは、ポップスなど明るい曲の方が、会話が弾みやすいようです)。

名札をつけて、お互いを呼びやすくすること。もちろん、本名でも匿名でもOKです。

そして何より、ポリーラウンジでは、「話したいことは話していいし、話したくないことは話さなくていい。訊きたいことは訊いていいし、訊かれたことに答えなくてもいい」というルールを大切にしています。

それと、イベントの最初と最後に、自己紹介や感想など、全員が聞いている状態で一人ひとりが話す時間をつくっています。もちろん話すことは強制でなくパスしてもいいのですが、こういう時間を設けると、お互いをよりよく知り、興味をもつことができるようになるのです。

ホームパーティーを成功させるコツ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

kinoko1027 |きのコ|わたし、恋人が2人います。 #ポリアモリー https://t.co/E4ubqXVcKZ 2年以上前 replyretweetfavorite