ヘイトクライム急増! アメリカの闇を浮き彫りにした刺殺事件

5月26日、ポートランドの電車内で、刺殺事件がおきました。容疑者が民族や宗教絡みの侮蔑の言葉を浴びせた後の犯行で、「ヘイトクライム」ではないかとされています。
トランプ政権に移行して3ヶ月。アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、アメリカの今をお伝えします。

憎悪の犠牲者

5月26日、オレゴン州ポートランド市の電車の中で、3人の男性がナイフで刺され、2人が死亡する事件があった。ひとりはかろうじて生存したが、現在も重体だ。

2メートル近い身長で100kg以上ある巨漢の白人男性が、電車の中で十代の少女2人に向かって「イスラム教徒は死ぬべきだ。キリスト教徒を殺してきたのだから」といった罵声を浴びせかけた。
少女のひとりは黒人で、もうひとりはヒジャブをかぶっていたという。

3人の男性は男をなだめようとしたが、いきりたった男に刃物で刺された。

目撃者の証言で逮捕された容疑者のジェレミー・ジョーゼフ・クリスチャンは、じつは事件の1ヶ月前にもソーシャルメディアで話題になっていた。

ポートランドには100年以上の歴史を誇るバラの祭り「ローズ・フェスティバル」がある。その皮切りとなるパレードは、近年多様性を祝福する場にもなっていた。しかし、今年は大統領選の影響で政治的対立が際立っており、暴動を恐れた警察が中止した。そこで、パレードの代わりに草の根団体が4月末に企画したのが「発言の自由」集会だった。

容疑者のクリスチャンは、その「発言の自由」イベントに独立戦争時代のアメリカ軍の旗をマントのように羽織って現れた。


12:21 - 2017年4月29日|@itsmikebivins|Twitter

「ニガー(黒人に対する蔑称)」と唱えながら、ナチスドイツのヒトラー式敬礼を繰り返す彼の姿はたちまちツイッターで話題になった。
クリスチャンを取材した地元ジャーナリストの記事によると、彼のヘイトの対象は「イスラム教徒、ユダヤ人、フェミニスト、リベラル」と幅広く、警察に対しても、「自分から武器を取り上げようとするなら、撃ち殺す」とフェイスブックに脅し文句も書いていたらしい。

ヘイトクライムの増加

この事件に関してはまだ「ヘイトクライム」と認定されてはいないが、人種や宗教に基づいた嫌がらせや犯罪がアメリカで増えているのはトランプ大統領のせいだと感じている人は少なくない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

rainsnoope #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

guriswest 「マイノリティに対して懐疑心や嫌悪感を抱くのは、哀しい人間の性」勇敢な3人の白人男性に祈りの杯を涙 3年弱前 replyretweetfavorite

brikix 「人種差別の憎しみにかられる人もいれば、人種や宗教に関係なく、正しいことのために自分の身を犠牲にする人もいる。そんな #fb 3年弱前 replyretweetfavorite