天才・奇才のつくり方

第2回】灘、開成、東大を出た神童 突出した者たちの人生譚(前編)

東京大学合格者数のツートップである灘高校と開成高校、そして最高学府の頂点である東大を出た神童たちはどんな人生を歩んだのか。神童4人の人生を追った。

他を切り捨てて一つに没頭する

 「異才の宝庫」といわれる灘中学・高校卒業生の中で、倉石寛元教頭が「灘校数十年に一人の天才」と名指しする男がいる。世界的な数学者、小林俊行。「ドイツのノーベル賞」とも称されるフンボルト賞を受賞した東京大学教授である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
天才・奇才のつくり方

週刊ダイヤモンド

才能はどうすれば開花するのか。天才の脳は何が違うのか。早期教育には意味があるのか──。才に恵まれた人たちの人生から才能の伸ばし方と生かし方を探るとともに、天才と早期教育の真実を科学面から明らかにした。異変が起きている小学校お受験の最前...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません