アイドルになる方法とは?

アイドルの世界を誰よりも知る作家にしてアイドル評論家の中森明夫さんが、アツい思いで書き下ろした『アイドルになりたい!』。特別掲載の5回目は、アイドルだけでなく、芸能人になりたいという人なら知っておくべき基礎知識が語られます。「悪い芸能事務所とは何か」も分かる、必読のガイダンスとなっています!

芸能界への入口  

 さて、いよいよアイドルになる方法だ。

 前の章で言ったように、今や誰でもアイドルになれる。問題は、どんなアイドルになるか? アイドルになって何をやるか、何をつかむか、最終的にどうなりたいか? だろう。

 単に〝自称・アイドル〟で、ファンが一人もいない—な~んてイヤだよね!

 まずは基本的なことから言っておこう。
 アイドルになるには芸能界へ入ること。そのためには芸能事務所に入る—二つの方法がある。

 ①オーディションを受けること。  ②スカウトされること。

 ②は問題外だろう。なぜって? この本を読んでいるきみは、積極的にアイドルになりたい! そう思ってるんでしょ? スカウトされるってのは「待ち」の姿勢じゃん。

 かつて芸能事務所のスカウトマンに声かけられたくて、派手なかっこしてわざと渋谷や原宿の駅前とかをウロウロする女子がいる—な~んて話を聞いたことがあるよ。バカみたいだ。やめたほうがいい。

 スカウトマンが全部インチキってわけじゃない。けど、だれかれかまわず声をかけてるとしたら、おかしいよね。ことに上京したての春先などは、気をつけてください。

 で、①だね。  ビッグオーディションってのがある。
 全日本国民的美少女コンテスト。
 ホリプロタレントスカウトキャラバン。
 東宝「シンデレラ」オーディション。

 以上が三大ビッグオーディションと呼ばれている。オスカー、ホリプロ、東宝芸能という大手芸能プロダクションが主催して、大々的に開かれる。歴代の受賞者から人気アイドルや有名女優がたくさん生まれた。何万人もの応募がある。狭き門だ。

 ビッグオーディションとは言わないまでも、ミスコンテストや、イメージガール、少女ファッション誌の読者モデルなどの募集ってのもあるよね。
 ま、読者モデルに受かったとしても、そこから芸能事務所に入れるか? というプロセスが待ってるんだけどさ。

 そこで芸能事務所のオーディションだ。
 ミスコンやビッグオーディションみたいにイベント形式じゃない。書類審査に受かったら、事務所に呼ばれて、面接があり、カメラテストがあったりする。合格すれば、事務所に所属することになる(その前段階の〝研修生〟や〝預り〟というケースもある)。

 これらはオーディション情報誌に告知されたり、インターネットでも募集情報がアップされたりするよね。

いい芸能事務所とは?

 アイドルになりたかったり、芸能界志望の女の子によくされる質問がある。
「どういう芸能事務所がいいですか?」
 これは困った質問だ。いちがいには答えられない。ケース・バイ・ケースだからさ。

 たとえばあこがれの芸能人がたくさん所属する、有名な大手プロダクションなんて、そりゃ大人気だ。すぐにでも入りたいと思うでしょ?  いや、ちょっと待ってください。

 何百人も所属するモデルプロってのがある。入れることは入れたとしても、仕事はない。給料はない。専属の担当マネージャーもいない。自分で仕事のオーディションを探して(事務所に告知されたりする)、交通費も自費で払って、仮に受かったとしても、一人で仕事の現場へ行く。支払われたギャラから事務所に天引きされて、自分の取り分は少ない。

 こういう現実に直面して、愕然とする。思い描いていた夢とあまりに違いすぎっ! けっこう有名な芸能事務所に入ったんだけどなあ……って。

 大手プロや芸能事務所の多くは、東京にある。テレビ局や出版社だってそうだ。きみが東京近郊の実家暮らしならいいよ。けど、地方出身で、芸能界に入るため上京したとする。

 芸能事務所に所属したけど、ろくな給料は出ない。生活費はどーするの? 東京は家賃も物価も高いよ。それでバイトすることになる。

 上京して、アイドルや芸能人になってスポットライトを浴びるはずが、毎日、地味で給料も安いバイトでくたくたになる。そういう女の子に声かける水商売や風俗営業のスカウトマンが、東京の街頭にはけっこういる。

 水商売がいけないってわけじゃない。キャバクラやAV、風俗営業だって、成人女性が自分の意志でやるんだったら、自由だ。
 けれど、アイドルや芸能人になるために上京したのに、いつのまにか望まない仕事をしている。こんなはずじゃなかったのに。不幸だ—そういう女の子がいっぱいいる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読み始めたら止まらない、本格的アイドル入門本!

この連載について

初回を読む
アイドルになりたい!

中森明夫

「アイドルとは、『好き』になってもらう仕事」--。アイドルの世界を誰よりも知る作家/アイドル評論家の中森明夫さんが、満を持して放つ『アイドルになりたい!』。中森さんだからこそ語れる、アツくて深い言葉たち。「アイドルになりたい人」だけで...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_i_jp 初の本格的 約3年前 replyretweetfavorite

moe_sugano どんなことでもそうだけど「いい例」っていうのはケースバイケースだから一概には言えないけど「悪い例」はハッキリ言えるんだよね。それこそ恋愛相談でも同じこと。→ 約3年前 replyretweetfavorite

komachibypass "「どういう芸能事務所が悪いですか?」 これなら答えられる。 まず、不当なお金をきみに要求する事務所だ。登録料に○万円、レッス..." https://t.co/mt17TRZ8Q8 https://t.co/nPWR2r8Lw0 #drip_app 約3年前 replyretweetfavorite