女性の「あそこ」はどうして怖いものになってしまったのか?

話題の衝撃作『先生の白い噓』の作者・鳥飼茜さんインタビューは第二回。女性だけでなく男性にとっても畏怖の対象になる、女性の「あそこ」。なぜ人は「あそこ」に恐怖を感じるのでしょうか。また、『先生の白い噓』が始まる直前に起きた、担当編集者の衝撃の発言とは?

男が「あそこ」に感じる底なしの恐怖

— 6巻の帯にも大きく書いてある「あそこが怖い」についてお聞きしたいです。1巻からずっと提示されてきたテーマだと思うんですけど、どうして男にとっても女にとっても「あそこ」が怖いものになってしまったんでしょう?


先生の白い噓 6巻(講談社)

鳥飼茜(以下、鳥飼) それは時代関係なくずっと怖れられていますよね。

— 大昔から信仰や畏怖の対象になることが多かったですね。

鳥飼 宗教的な意味を持つ場合もあったし、怖いものだから管理・統制してきた歴史があったと思うんですね。特に男の人にとっては、自分は持っていないものだし、でも自分が出てきたところだし、自分の子供が生まれる場所でもあるし、すごく底なしの恐怖を感じるところではあると思いますね。

— 女性にとってはどうでしょう。「あそこ」の恐怖は、自分の体に内包されているという怖さなんですか?

鳥飼 男性も女性も限らず、すべての人が怖いわーって思ってるわけじゃないですよね。だけど、女性は実感として自分のあそこがどうなっているのか知ってる人が少ない。仮に知っていたとしても、半数くらいは最初に性交したときに男の人に教わってるわけですよね。十代の女の子だと、男の人がどうするのかに頼らざるをえないから。

— 昔に比べると、現代はみんな自意識が強すぎるのかな、と感じました。

鳥飼 そこはあるかもしれないですね。昔は春画なんて執拗にあそこを描いていたし、もっと最近でも、私のおじいさんぐらいまでの人たちって、平気で「オマ●コ好きだろ」ってことを言ってましたよね。その世代に比べると今の人たちって、例えばストリップ連れて行ったらドン引きする人が多いと思うんです。多分今の若者にとって、ストリップは結構怖いと思う。

— ああ、確かにそうかもしれません。

鳥飼 美鈴先生の設定を24歳にした初代担当の方も、当時40過ぎだったんですけど、新妻くんの設定の話をしている時に「普通男だったら据え膳いっとくでしょ」みたいなことをポロっと言っちゃう感じで。最初連載するにあたって、男と女の認識の違いについて打ち合わせてたんですけど、「極端な話、道端で裸の女性が酔ってヘロヘロになっていて『やっていいよ』って言ったら、結局男は行列作るよ」みたいなことを言うんですよ。え、待って、って。たぶんそれ若い子そんな女の人怖過ぎて行列しないでしょ、って答えたんですけど。別にその人の中に女性蔑視みたいな意識もなくて、その世代では普通の考えなんです。男女の感覚の差だけじゃなくて、世代でも違いがある。

— そういう意味では、『地獄のガールフレンド』に描かれていた「男のコもかわいい彼女みたくちやほやされたい」は、今の世代を表すすごい発見ですよね。

鳥飼 「彼女彼氏」ですね。でも多分その40代くらいの世代の人も感じていたことだと思うんです。でもそこでやるのが男だ、という感覚がまだあったから一回踏ん張ったんだけど、その下の世代は「踏ん張るの損じゃない?」って思い始めた。女も男も平等だし、女も男と同じように稼いでる。蓋を開けたら全然そうじゃないんだけど、そういう世相の中で、なんで同じ稼ぎの男が奢らなきゃいけないの? なんでリードしなきゃいけないの?とは思っちゃいますよね。

— 今でもネットに「デートで奢らない男は問題外」みたいな記事が平気で上がってたりもしますよね。

鳥飼 私の世代だとまだ男女で鍋やっても、野菜を切るのは女、洗い物は女みたいな押し付けられ感、あるいは率先してやらなきゃ感がありました。女の人ばっかり押し付けられてるなってその時は思ってたんですけど、『地獄のガールフレンド』で気がついたのは、男も押し付けられているってこと。多分先に押し付け始めたのは男なんだろうけど、今の男の人たちが圧迫を感じているから、それが女の子に向かってくるんじゃないかって。

「レイプだったかもしれない」と反省した担当者
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
先生の白い噓』7巻発売記念、鳥飼茜インタビュー

鳥飼茜

男女の性の不平等を描いて話題を呼んでいる『先生の白い噓』。いよいよ佳境迎える第7巻の発売を記念して、著者の鳥飼茜さんにロングインタビューを行いました。鳥飼さんはなぜこの作品を書こうと思ったのか? この衝撃作に込められた思いと、その裏側...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Iii44698912Q |鳥飼茜 @torikaiakane |『先生の白い噓』7巻発売記念、鳥飼茜インタビュー やっと漫画読めたー‼︎ 深い。 https://t.co/dQtbT1Prck 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sabochin は~~~面白い 意識の差ってどうしても出てしまうよね 7ヶ月前 replyretweetfavorite

himemura_sakiko うろうろしてたら見つけた。興味深い 7ヶ月前 replyretweetfavorite

fujima77  よ、読みたいけど最後まで簡単なあらすじがなかった。まんこの話なの?? 7ヶ月前 replyretweetfavorite