第6回】論理的に正しい意思決定を下す ビジネスマンの必須スキル

勘や経験ではなく、データに基づいた正しい意思決定を下す。そのために統計学はビジネスマンにとって必要不可欠なツールである。そんな統計学の基本中の基本を学ぼう。

 「ある企業に勤務する社員の年収を調査したデータがあります。あなたならここからどういう分析をしますか?」

 講師が受講生たちに問いかける。この「データ分析基礎講座」を主催しているのは統計ソフトの開発・販売やデータ分析サービスなどを手がけるエスミ(東京都中野区)。統計解析の普及を目的に、25年にわたってセミナーを開催しており、これまでの受講生は累計8627人に及ぶ。1日がかりの有料セミナーのほか、毎月1回、土曜日の午後に2時間の無料セミナーも開催している。

土曜日の昼下がり、仕事で統計の知識が必要になったというビジネスマンが無料セミナーに集まった

 「統計の世界で最も有名で使用頻度の高い手法として平均値があります。でも、分析はそれで終わりにはなりません……」と講師を務めるエスミの福島隆司さんが説明する。

 バラつきのあるデータの場合、平均値を利用することでデータの概要(中心傾向)が把握できるが、平均値だけでなく中央値や最頻値なども見たり、標準偏差でバラつきの度合いを調べたりすることで、視点は増える。そしてさまざまな視点を持つことで「年収が高い社員と低い社員の違いは何か」といった要因分析につながるのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

最強の武器「統計学」【3】~統計の基礎知識

週刊ダイヤモンド

データに基づき、論理的に正しい意思決定を下す。統計学は今や、ビジネスマンにとって必要不可欠なツールだ。この最強の武器を使いこなすための基礎知識を、文系にもわかりやすく解説。樋口知之・統計数理研究所所長、本川裕・アルファ社会科学首席研究...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません