モテるメンズはやっている! 化粧水の重要性

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使っている人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川アンクさんが、相手によい印象を持ってもらえて、明日からでもすぐできる、身だしなみの基本を書いた「収入2700万円の差がつく身だしなみ」の内容を、特別掲載いたします。

化粧水は少しずつなじませる

 肌の潤いをキープする上で欠かせないのが、洗顔の後の化粧水。その後に続く美容液やクリームなどの美容成分を、肌をふやかすことで深部(角質層まで)に届きやすくしてくれるステップです。たっぷりつけて一度ですませようとせずに、数回に分けて少しずつ浸透させていくのがコツです。そもそも手のひらに乗せられる量には限界がありますから、適量を複数回つけるようにしましょう。
 その際、手のひらで顔を叩くのではなく、水分を閉じこめるように顔をやさしく手のひらで押さえること。

 弾力線維と呼ばれる「コラーゲン線維」が紙一枚分の表皮の下にある真皮に張りめぐらされ、肌のハリを保ってくれているのですが、顔を朝晩365日叩き続けると物理的なダメージが蓄積し、シワやたるみの原因になります。要するに顔を叩くということは、自分の顔を自ら傷つけるようなものです。
 どうしても「入れ! 入れ!」と思ってしまうから、無意識に強い力を加えてしまうんですよね。何より朝は忙しくて余裕もないから、乱暴になってしまうのも致し方ありません。それでもできれば叩かず、手でなじませることを意識してみてください。
 なお、コットンでパッティングする際もやさしくするのが基本です。個人的にはコットンを使わずに手でなじませる方法をおすすめしますが、コットンを使いたい場合は赤ちゃんの頬に触れるような気持ちでやさしくパッティングしましょう。自分の肌を大切にしてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
収入2700万円の差がつく身だしなみ

山川アンク

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川ア...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsujishinnosuke #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

komachibypass "ところでクリームを使わずに「化粧水だけ使う」という男性が少なくないようです。しかし、化粧水オンリーだとかえって肌が乾燥してし..." https://t.co/JTkrULHZPD https://t.co/dcjYO 2年以上前 replyretweetfavorite

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]明日からできる!生涯年収2700万円差がつく身だしなみ! 2年以上前 replyretweetfavorite