出会った頃のトキメキを味わわせてくれないなら、即離婚

パートナーと一緒に過ごす時間が長くなるにつれ、出会った頃のトキメキが失われていくのは仕方がないこと、と思っている人は多いと思います。トキメキの代わりに、「安心感」を得られるのだからそれでいい、と思う人もいるでしょう。しかし、下田美咲さんは「そんなの嫌だ」と断固として抵抗します。トキメキを継続させることは可能なのでしょうか?

一般的に「長く付き合ったら、出会いたての頃のウキウキやトキメキを求めるのは無理だ」と言われている。多くの人が、あたかもそれを生理現象かのように語り、誰が悪いということでもなく「それは、そういうものだから」と諦めている。

しかし私は、声を大にして言いたい。

「そんなのは嫌だ」と。

実際に、私は普段から旦那さんに向かって単刀直入に、そのことについては「嫌だ! 無理!」と言っている。

もしもあなたが私を初期の頃より可愛がってくれないのならば、私は他の男の女になりたいし、あなたが初期の頃よりも良いところを見せようとしてくれないのなら、他の男の方が輝いて見えてくるよ、と。あなたが手を抜いた分だけ当然に、手を抜いてこない出会いたての男の方が良く見えてくる、私の心はそういう仕組みになっているよ、と。

「今日からも、この人の女でいる」という毎日の選択

私はこの1年半、旦那さんの女として過ごしてきたけれど、私が今日も彼の女でいる理由は、1年半前のあの日に彼の女になることにしたからではない。「そういう話でまとまったから、その続きで」「とくに変更するキッカケもなかったから」というような惰性で彼の隣にいるわけではない。

誰の女として生きていくか、私は毎日選んでいる。

その結果として「今日からも、この人の女でいる」ということを改めて選択していて、そんな日々が1年半続いている。

つまり私の中には「他の男の女になる」「この人の女でいることを辞める」という選択肢も常にあって、それはいつでも選べる。

過去の自分の決断に引っ張られて、なんとなくダラダラと一緒にいる結果として1年半の付き合いになっているわけではない。「この人の女でいたい!」と思う日の連続で今に至っていて、その気持ちの積み重ねでの長続きしか私はアリとしていない。

出会い頭の異性に対して、人は基本的に良い顔をする。

男の人は下心があるほど手間暇をかけることを惜しまないし、好かれたいと考えていたり嫌われるのを恐れているうちは面倒くさがらずに何でもやる。

もしも旦那さんの私への対応が、人の出会い頭の異性に対するそれと比べてバージョン落ちしていたとしたら、私は彼とは別れる。あなたの私に対してのサービス精神は「ポッと出の男以下じゃん」となるし、それは彼にとっての私の女としての価値が、その辺の全女以下だということでもある。

そうであれば、私は市場を変えたい。どの男であれ彼以外の男の元へ行けば、出会い頭の女枠になれる。そうすれば今よりは「女!」ってだけで興奮され、「女!」ってだけでサービスされ、「女!」ってだけで喜んでもらえて、可愛がってもらえる。

彼にとっての私が不特定多数の「女!」よりも無味無臭でそそられない存在となったなら、そんな市場に自分を陳列するのは虚しいので避けたい。

人は必ず老いる。いつの日か、根本的に消費期限が切れてしまう日がくるのだから、市場を変えれば価値を見出してもらえることがわかっている今のうちは、喜んで手に取ってくれる人がいる場所に身を置きたい。

今のところ毎日、私は「今日も彼の女でいる」ということを選んでいるけれど、それが一番楽しいからであって「他の男の人とデートした方が楽しそう」と思ったらその場合は離婚が視野に入ってくる。

男女の醍醐味をひとりで全部まかなってほしい

結婚という契約を結び夫婦になると、異性交遊枠がとことんお互いの一択になってしまうのだから、男女の醍醐味を彼ひとりで全面的にまかなってくれないと私は不満だ。

私が彼と出かけるためにメイクをしたら「俺のためにメイクをしてくれて嬉しい」と喜んでほしい。「おっぱいに触って良いよ」と許可したら盛大に喜んでほしい。パンツを見せたら笑顔を見せてほしいし、見えそうで見えない時があったら「見たい!」と意欲的になってほしい。

まず、その辺の男がその辺の女にされて喜ぶようなことでは、当たり前に一通り喜びを感じてくれないと困る。そうでなければ特定の男の妻になるのは、女体を持ち腐れることになる。

最初の頃は喜んでくれたことで、喜んでもらえなくなるのは、すごく悲しい。

そうなるとそれはつまり、その男にとっては出会って日が浅い女ほどポイントが高いということだから、そういう男だと簡単にポッと出の女に持ってかれかねないところも恐ろしい。そういう価値観の男の妻として生きる人生って虚しいし、敵が多すぎて恐怖だ。

少なくとも最初の頃に喜んだことではずっと喜んでくれないと、ポッと出の男に自分を捧げたくもなってしまう。男に喜ばれる女でありたい。

彼に見た目などを手抜きされるのも萎える。最初の頃はセットしていた髪をセットしなくなったり、服への気合が減少したら、今日の私が誘ったとしてちゃんと気合を入れて来てくれる男の方と会いたくなってしまう。

自分に対して良い所を見せようとしてくれる男の人と遊んだ方が何かと良い思いをできるし、男の人がカッコつけてくれた分だけ「女に生まれて良かった」と思えたりもする。手抜き男としか接してなかったら「女の醍醐味って何だっけ」と思い出せなくなってしまいそうで、そんな人生は想像しただけでゾッとする。

旦那さんの私に対する関心は、日に日に高くなっている
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

keikokpkp @jyorinko_ayumi https://t.co/wAydEajAQx 1年以上前 replyretweetfavorite

sara0816star https://t.co/hlCRBhTH8m 約2年前 replyretweetfavorite

Azamingogo あれ?これ私が書いた?と云うくらいに全面的に同意しかない。 https://t.co/yLSSgp5Uat 2年以上前 replyretweetfavorite

gohstofcain 下田さんとは共通点と呼べるところがほぼ皆無なんだが、「わかる」と思うことが多い。 2年以上前 replyretweetfavorite