第16回】きれいな幕引きをはかりたい “お墓の引っ越し”完全ノウハウ

実家が片づいても、なお残る大問題がある。それがお墓の扱いだ。自分以外に継ぐ人はいないし、遠方への墓参りもつらい。ならば、これを機に“お墓の引っ越し”を考えてみよう。

 2014年に母が亡くなり、熊本県内の実家には誰もいなくなったという高橋健二さん(68歳、東京都在住)。高橋さんには妹がいるが、長年神奈川県に住んでいて、兄妹共に地元に帰る予定はない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
どうする!「実家」の大問題

週刊ダイヤモンド

2033年に、3軒に1軒が空き家になる──。そんな衝撃的な予測が駆け巡った。最大の理由は、高齢の親から相続する実家だ。すでに郊外には空き家となった家屋が溢れ、国が対策に乗り出した。個人ができる対策は何か。相続から実家の片づけ、売却から...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません