厳しい現実や恐怖を乗り越えて大人になっていく息子にできること……

その後の定期テストでも赤点が続き、年末の三者面談で、フユくんは担任の先生から留年の可能性があると言われます。千葉さんの再三の説得にも応じず、「合理的配慮」をつっぱねつづけてきたフユくんですが、先生にも一歩踏み出すことを進められ、勇気を出して世間に立ち向かうことを決めました。

第12話「頼ってもらえる親になりたい」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます

千葉リョウコ /監修:宇野彰

「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)とは、 発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す症状のこと。日本でも、40人学級に3人がこの「発達性読み書き障害」だという調査結果が出ています。 5年前、小学6年生だった長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hanamasa0201 高校生ぐらいの世界の広さだと他人の目怖いよなぁ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba #合理的配慮 3ヶ月前 replyretweetfavorite

chibaryoko cakesさんでの再連載、12話更新です!web版の最終話です。 3ヶ月前 replyretweetfavorite