漢字が書けず試験で赤点をとった息子に「合理的配慮」を提案するも…

希望する高校に入学し、楽しい高校生活を送るフユくんですが、やはり勉強は大変で、好きな日本史でも赤点をとってしまいます。フユくんの通う高校は、学年末のテストで赤点を取ると留年という決まり。千葉さんはフユくんに、2016年4月から施行された「障害者差別解消法」の「合理的配慮」を高校に頼んでみようと提案しますが…。

第11話「赤点という壁」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます

千葉リョウコ /監修:宇野彰

「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)とは、 発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す症状のこと。日本でも、40人学級に3人がこの「発達性読み書き障害」だという調査結果が出ています。 5年前、小学6年生だった長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

m_do77 ディスレクシアにとって、漢字で答えよはマジ無理…。これ昇進にペーパーテストある会社入ると学校終わっても困るんだよ…。 > 2年弱前 replyretweetfavorite

chibaryoko cakesさんでの再連載、11話更新です^^ 2年弱前 replyretweetfavorite