息子だけではない、字を書けることが「あたりまえじゃない」子たち

漢字で書けないがゆえに赤点になってしまうという定期テストの結果に落ち込む千葉さんに、ママ友が「自分の子も発達性読み書き障害かもしれない…」と打ち明けます。40人クラスに3人の確率で出現するという、「発達性読み書き障害」。漢字で書くことが「あたりまえ」にできない子どもの多さと、ままならない現状を実感します。

第8話「あたりまえじゃない子たち」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます

千葉リョウコ /監修:宇野彰

「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)とは、 発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す症状のこと。日本でも、40人学級に3人がこの「発達性読み書き障害」だという調査結果が出ています。 5年前、小学6年生だった長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guriswest 知らないってこわい。 2年弱前 replyretweetfavorite

agatha3214 もっともっと広まれば良い。 誰かの決めた普通が本当に当たり前なのか。 https://t.co/8tAoeCgUF4 2年弱前 replyretweetfavorite

ulala_go ディスレクシアで漢字が書けない障害なのに先生に 「漢字を書くのは当たり前」 と中学三年間書かれたってお話 でも先生に会って説明はしたのだろうか? フランスだと例え人に止められても親は先生に説明しにいくぐらいの勢いだけど https://t.co/QIaLph5SCZ 2年弱前 replyretweetfavorite

ReJingroove #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite