専門機関からの依頼を受けて行った発達性ディスレクシア研究協力の旅

トレーニングが進み、英語もやりはじめた頃、研究協力を依頼されました。それを聞いて、フユくんがまっさきに口にしたのは「協力すると、僕みたいな子たちの役に立てるんですか?」でした。発達性ディスレクシアの子どもたちのデータをたくさん集め、将来役立てられるようにするための研究。それで今すぐ何かが変わるわけではないけれど、千葉さん家族にとって、大切な時間になりました。

第6話「たのしい研究協力の旅」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます

千葉リョウコ /監修:宇野彰

「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)とは、 発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す症状のこと。日本でも、40人学級に3人がこの「発達性読み書き障害」だという調査結果が出ています。 5年前、小学6年生だった長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m_do77 この漢字の覚え方めっちゃわかるわ… > 約2年前 replyretweetfavorite

cucciolo_rs16 |うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます|千葉リョウコ/監修:宇野彰|cakes(ケイクス) 誰もが大切、自分で決めること。 https://t.co/PmzGZ3hJYP 約2年前 replyretweetfavorite

gegege_y 大人の、しかも白衣を着た男が、不安げな表情をした中学生に、「さあいこう そんなに緊張しなくても大丈夫だよ」とか、どきどきするよね… https://t.co/BXdUzy9gKp 約2年前 replyretweetfavorite

chibaryoko cakesさんで「うちの子は字が書けない」再連載 6話更新です^^ 約2年前 replyretweetfavorite