第5回】ギャンブルと統計 上手な負け方とは?

統計学や確率論を駆使して、ギャンブルに勝てないか。多くの人が願うことだろうが、絶対に勝つ方法というのは存在しない。しかし、実は負けにくい方法というものがあるのだ。

 射幸心をあおるとして、時に大きな社会的批判を受けるパチンコ。一方で、年末ともなれば、ほほ笑ましい風物詩のように長い購入の列が紹介される宝くじ。しばしば正反対のトーンで紹介される両者だが、実は、確率・統計理論でそのカラクリを解き明かすと、宝くじのぼったくり具合に驚く。

 谷岡一郎・大阪商業大学学長は、ギャンブル社会学、社会調査論が専門だ。谷岡教授によると宝くじや競馬などの公営競走は「控除率」が高いという。控除率とは全賭け金に対する胴元、運営者の取り分、いわゆる“寺銭”のことだ。

 宝くじの控除率は52.67%である。全売り上げから運営者である国が、まず52.67%を取り、残りを当選者で分け合うシステムだ。極めて賭ける側に不利なギャンブルなのである。

 また競馬などの公営競走は控除率が25%、サッカーくじのTOTOは50%。公営ギャンブルは総じて控除率が高い。

 谷岡教授は「国民には賭け事を禁止しておきながら、国が自ら胴元になって独占し、大きく控除している」と手厳しい。

 宝くじの控除率は、単純に運営元がいくら抜いているかという数字だが、パチンコのようなギャンブルでは、控除率の計算は複雑になる。玉をいくらで借り、勝ったらいくつで景品に交換できるか。借りた玉だけでなく出玉を再投資した場合なども考慮する必要があるため、非常に複雑な計算になる。

薄利多売のパチンコ
当たらない宝くじ

 谷岡教授の計算によると、パチンコの控除率は3%、丁半が5%と、意外に低い。パチンコでは1万円賭けるごとに300円減るというわけだ。「そんなばかな!? 自分はもっと負けている」と思う読者もいるだろう。その通り、300円というのはあくまで平均であって、「3%しか負けない」と誤解し大きな気持ちになってパチンコ店に向かうのは禁物だ。

 ただし、宝くじや競馬などの公営ギャンブルの控除率がパチンコに比べると格段に高いことだけは事実なのだ。

 さて、宝くじは胴元に半分以上を取られる、極めて理不尽なギャンブルだと理解した上で、次に気になるのが当選確率だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
最強の武器「統計学」【2】~もう、ほっ統計(とけ)ない!—統計的思考を鍛える

週刊ダイヤモンド

「この世にはびこるウソを数字や統計を使い、ぶった切る! 俗説バスター統山計子参上!」――数字や統計を使って“見抜く”力の必要性を、ストーリー仕立てで解説。またコラムでは、統計学の視点から、2大ギャンブル・パチンコと宝くじの「上手な負け...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません