季節のおいしさをそのまま堪能できる!「アスパラのゆで卵ソース」

店先に並んだ色鮮やかな野菜に目移りしてしまう、そんな季節になりました。今回は旬真っ盛りのアスパラガスを活かしたレシピをご紹介します。長引く五月病に苦しんですっかりやる気をなくしてしまっていても大丈夫! 簡単に作れるうえに、ワインとも抜群に合う今回のレシピ、是非おためしください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

緑が眩しいこの季節は、気持ちのいい日が続きますね。梅雨前のからりと乾いた風、適度な暖かさ。我が家ではオリーブの木を育てているのですが、先週末、マッチ棒の頭ほどの小さい蕾が次々と弾け、小さな白い花が一斉に咲きました。すくすく成長している植物のパワーを感じながら、今年は何粒オリーブが実るのか、今から楽しみ。

店先にも色鮮やかな野菜が次々と並ぶので、これまたいい眺め。旬の野菜はゆでたり焼いたりのシンプルな食べ方でも十分に美味しいから、料理もラクで助かります。アスパラガスも旬真っ盛り。私はゆでていただくことが一番多いのですが、その場合、もしも冷蔵庫に卵があれば、ゆでて刻んでソースを作ります。

アスパラとゆで卵の2つだけとものすごく簡単ですが、アスパラをゆでるときに大事なコツが1つ。ぜひ、むいたアスパラの皮も一緒にゆでましょう。皮からこそ、いい香りと旨味がたくさん出てくるのです。ゆで汁はアスパラの旨味がたっぷりだから、たとえばアスパラでリゾットを作るときなどにも大活躍します。だから、皮はどうか捨てないで!

では、ワイン片手に早速作って行きましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「アスパラガスのゆで卵ソース」

材料(作りやすい量)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつもの食材があっという間に異国の味に。がっつり食べてお腹も満足、なぜだかお酒が止まらない!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain https://t.co/d1wiY5MnVt ゆで卵ソースはこれなんですが。今日ワインビネガー買ってきててよかった〜(ケロωケロ) 約2年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

yaiask 実家から、グリーン、ホワイト、パープルのアスパラが届いたので、これ作りました。おいしかったーー 約2年前 replyretweetfavorite

y_kie くだんの豚トロ燻製と、茹でただけの実家産スナップえんどうをゆで卵ソースで。あと鮭ふりかけのごはん。 https://t.co/bhaSs1dwi4 約2年前 replyretweetfavorite