​人は自信が100パーセント

「美人ですね」と問われて、「そうです」と答えられる女性はそう多くはありません。しかし、bar bossa店主・林伸次さんが昔一緒に働いていたブラジル人女性たちは、そうではなかったそう。どんな容姿でも、美人然と振る舞う彼女たちの姿を見て、林さんが学んだこととは?

自分を魅力的に見せていたブラジル人女性

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

よく行くお店のレジ係の人で、すごく顔が整った20代後半くらいの女性がいるんですね。でもその女性全然ノーメイクで、眉毛もそろえてない感じで、とにかく「自分を魅力的に見せよう」って思ってなさそうなんです。もしお化粧をして、可愛い服や髪型にすれば、ちょっとしたアイドルなんかよりもよっぽど綺麗になりそうな顔をしているのに、全くそういうことに興味がなさそうなんです。

もちろん彼女には彼女の生き方があるわけで、通りすがりの僕がとやかく言うことでもないのですが、僕みたいな男とからすると「もったいないなあ」っていつもいつも思うわけです。もちろんそう思ってしまうのは男性の良くないところではあるんですが、どうしても女性は「見せ方」が大事になってしまうのは事実としてあると思うんです。

20数年前、僕は都内のブラジル料理のレストランで、毎日ブラジル人たちと働いていたことがありました。そのブラジル人の中に、本当に失礼なのですが、決して美人とは言えない女性がいました。でも彼女、姿勢がすごく良くて、堂々としていて、とても明るい笑顔を見せるんです。服装は毎日自分らしいお洒落をしていて、英語もペラペラで、すごくカッコ良かったんです。

なにより印象的なのが、彼女はまるで自分がすごい美人であるかのように振る舞うんです。僕と初めて会ったときも、「あら、あなたがシンジね。将来、ブラジル音楽がかかるバールをやりたいらしいそうね。よろしく」って感じで、「ニコッ」とするんです。わかりますか? 映画の中の女優のような笑顔なんです。

そうすると、なぜか僕も他のスタッフも、彼女に対してすごく美人の女性として接してしまうんです。ある調査でブラジル人女性は73%が「自分の外見に満足している」と思っているそうなので、本当に彼女は自分のことを「美人だ」と信じていたのかもしれません。ちなみに日本人女性は32%だそうです。彼女の思いこみであれどうであれ、みんな彼女のことを「美人」のように感じていたし、実際すごく男性からモテました。

美人の認識に厳しい日本人
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊が発売中です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hnpmn_m 人は自信が100% https://t.co/sLesIMD0EA 7ヶ月前 replyretweetfavorite

darling00000000 人は自信が100パーセント|林伸次 @bar_bossa | 自己プロデュースか。確かに考え方次第で見え方って変わってくるんだろな。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu 人は自信が100パーセント https://t.co/mxN9LyfEqK #スマートニュース 7ヶ月前 replyretweetfavorite

2019beauty このコラムの言う通り!自分を美しく見せる努力をしていると自分に自信が持ててくる。実際に美人じゃなくても、その自信のオーラで他人はキレイだと感じる。一般にいる美人さんはほぼ雰囲気美人。美人な雰囲気は努力に基づいた自信から出てくるもの https://t.co/O0GOIGH01B 7ヶ月前 replyretweetfavorite