字が書けるようになりたい!

「発達性読み書き障害」とは、 発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す症状のこと。日本でも、40人学級に3人が発達性ディスレクシアだという調査結果が出ています。
5年前、小学6年生だった長男のフユくんが「発達性読み書き障害」だと判定され、千葉さんとフユくんの二人三脚のトレーニングの日々がはじまりました。
第1話目の今回は、専門機関で判定を受けたときのお話です。

第1話「字が書けるようになりたい!」

ここから、千葉さんとフユくんの二人三脚の日々がはじまりました。

第2話は6月13日更新予定。
発達性読み書き障害だと判定されるずっと前、フユくんが小さい頃のお話です。


この連載について

うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます

千葉リョウコ /監修:宇野彰

「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)とは、 発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す症状のこと。日本でも、40人学級に3人がこの「発達性読み書き障害」だという調査結果が出ています。 5年前、小学6年生だった長...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ulala_go ディスレクシア「発達性読み書き障害」 日本ではあまり知られてないが、フランスではよく知られている問題。小1,2年ぐらいに先生が気付く例をよく聞く ただ、日本人が親の場合、親が外国人だから字が読めないと思われて発見が遅れる場合も https://t.co/8d0ZBeP3fS 1日前 replyretweetfavorite

ShopBookBuddy ご本人や周りの心境を漫画で分かりやすくかいてくださっています。 発達性ディクレクシアの認知度が上がることで、周りがいち早く気づいてあげたり、読書補助具等を使うのが特別ではない環境になったり、不便を感じる人が少しでも減るといいですね。 https://t.co/2JayJs6Ymr 10日前 replyretweetfavorite

miyagasaki #スマートニュース ※8%弱いるとのこと 12日前 replyretweetfavorite

hamakihito この障害は知りませんでした。8%もいるのか! 12日前 replyretweetfavorite