前の職場の上司の送別会に行く意味はあるのか…

前の職場の上司の送別会に誘われたニケ。行こうかどうしようか悩んでいると、博士に「レベル1」の悩みだと言われてしまいます。博士は、なんでも「悩みレベル」をはかる発明をしたそうで――

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性、千葉県出身。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。



 前の会社の飲み会に誘われたのは、三日前。部長が転職するらしく、その送別会をという話だった。

 私はその飲み会に参加するか悩んでいた。誰が来るのかわからなかったし、もし上司がたくさん来ているのなら、きっと飲み会は盛り上がらない。上司が自分の話をして、みんなでそれを聞くだけの会になる。

「あ、ニケ君は今、レベル1で悩んでいるね」

 博士は研究室から出てくるなりそう言った。怪しげな、縁のない赤いサングラスをかけている。

 私は「レベル1ってなんですか?」と聞いた。きっとまた何か発明品でも作ったのだろう。

「悩みレベルスカウター《ベジータ》で、君の『悩みレベル』を測定したんだ」

「悩みレベル?」

「人間は日々、いろいろなことで悩む。悩みにはいろんな深さがあって、深さに応じて適切な解決策が異なってくる。重要なのは、その悩みの『悩みレベル』がいくつなのかを特定することなんだ」

「ちょっと、どういうことかピンときません」

「たとえば、彼氏の浮気を発見した友人がいて、そのことを相談される。『浮気するなんて最低! 今すぐ別れちゃいな!』と言ってあげるのは簡単だし、それが正解かもしれない。でも、その友人は『浮気されたけど、それでもまだ交際を続けたい』と悩んでいるのかもしれないし、『今までいろんな男に浮気されてきた経験』に悩んでいるのかもしれないし、『浮気ぐらいで傷ついている自分』に悩んでいるのかもしれない」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

inu_mamu この博士ちっこくてカワイイ 約1年前 replyretweetfavorite

mnmosw この連載好きなの 約1年前 replyretweetfavorite

Koyo_Oscar 面白すぎます。 約1年前 replyretweetfavorite