究極の客商売」、それがアイドル!

アイドルの世界を誰よりも知る作家/アイドル評論家の中森明夫さんが、アツい思いで書き下ろした『アイドルになりたい!』。どんな仕事でも、職場の人間関係は悩みの種。アイドルにしても、それは同じ――。特別掲載の4回目は、「アイドルとは究極の客商売」と断言する中森さんが、「嫌いな人に笑顔を見せる方法」を語ります!

嫌いな人は悪い人?

 アイドルになりたい! とあこがれているきみに、ぜひ、知っておいてほしいことを、ぼくは伝えている。きっと、誰もこんなことは教えてくれないだろう。

 でも、アイドルを仕事にしたい! ときみが本気で思っているなら、必ず役に立つ日が来るはずさ。

 いいかい、もう一つ、言うよ。
 よーく、聞いてね。

この世には完全にいい人も、完全に悪い人も、いない

 ということだ。

 また、何それ? あたりまえじゃん! って声が聞こえてきそうだね。
 そっかな~。きみはそのことを、そう、本当にわかっているかな?

 よし、じゃあ、ためしてみよう。
 まず、そうだな、きみの一番嫌いな人の顔を思い浮かべてみてください。
 どう、イヤな気持ちになった?

 あ~、こいつ、嫌い、嫌い、大嫌い! こんな奴、いなくなっちゃえばいいのにって。
 で、そいつは、いい人? 悪い人?
 悪い人に決まってる! そう思うでしょ。

 あのね、人間って弱いものなんだ。
 誰も自分が悪い人だとは思いたくない。そういう考え方に耐えられない。
 それで、自分が嫌いな相手を、悪い人だと思いこもうとする。
 だけど、相手の立場に立てば、どうだろう?

 その人も、自分が悪いとは思っていない。
 実際、どれだけ評判の悪い人、みんなの嫌われ者でも、たいてい、どっかいいところはある。
 愛する家族がいたりする。家族にとって、その人はとても大切な存在だったりもする。
 けど、その人を嫌っているきみは、絶対にそういういいところは見ようとしない。

 これが問題なんだな。
 えっ、どういうことかって?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読み始めたら止まらない、本格的アイドル入門本!

この連載について

初回を読む
アイドルになりたい!

中森明夫

「アイドルとは、『好き』になってもらう仕事」--。アイドルの世界を誰よりも知る作家/アイドル評論家の中森明夫さんが、満を持して放つ『アイドルになりたい!』。中森さんだからこそ語れる、アツくて深い言葉たち。「アイドルになりたい人」だけで...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_i_jp 嫌いな人に笑顔を見せる方法… 2年以上前 replyretweetfavorite