女の嘘を見抜く男はモテない

命の恩人であるのに、実は恋敵というアンビバレントな関係を内包した池崎と高畑。ふたりはそれに気づかないまま一緒に行動することになった。ふたりの間で揺れるユウカと男2人の車内密室劇が静かに進行中です。

食事を終えて、運転席にはユウカ、助手席には池崎、後部座席には高畑という配置で日産ノートに乗り込んだ3人。これから3人でどこに遊びに行こうというのか、ユウカ1人だけがそわそわした気持ちを抱えていた。この3人の中で一番事情を知らない池崎がまずは口を開いた。

「高畑さん、どこか行きたいところありますか?」

「そうだな。小豆島にきたら行きたいと思ってたところがあるんだ」

「どこですか?」

「エンジェルロード」

エン……ジェル……ロード……と一文字ずつナビに入力していく池崎。

「オッケー。やっぱりナビは便利ですね! ほら、小豆島 エンジェルロードって出てきた。ところで、エンジェルロードって何ですか?」

「海の潮が引くときにできる砂の道で、カップルに人気のスポットらしいんだ」

「へ〜そうなんですか。ロマンチックですね。高畑さんは、デートでも夜景とか観に行きそうですよね〜」

(……池崎……あんたスルドイわね)ユウカは居心地悪く感じてひとつ咳をした。ほんとに奇妙なあいのりラブワゴン……あ、ワゴンじゃない日産ノート。

「高畑さんは、昨日どちらに泊まられたんですか?」ユウカの心にさっと影が差しこむ。一番話して欲しくない話題……。

「僕かい? 僕は坂手の小豆島ベイリゾートホテルだよ。」しれっと何気なく高畑は答える。

「へ〜、リゾートホテルって高畑さんらしいですね。僕らがおととい泊まった民宿とは全然違うんだろうなぁ」

自然とそんなことを口にする池崎。そういってユウカの方を見てくるから反応に困る。「う、うん。いま運転してるから」と素っ気ない態度をユウカは池崎にとった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

msk3345 {コラム} 3年以上前 replyretweetfavorite

msk3345 {コラム} 3年以上前 replyretweetfavorite

yuko88551 〔コラム〕 3年以上前 replyretweetfavorite