学力を上げるための意外な近道。カギは「勉強以外」にあった!

連載第3回は、「勉強以外に費やした時間が、子どものなにを育むか」について詳しくご紹介します。勉強は「学習」だけの一輪ではうまくいきません。「がんばる力」との両輪で走ることで、力強く、前へ、上へと駆け抜けていけるのです。

千葉勝山の臨海合宿で行われる、伝統の「ふんどし遠泳」。

勉強以外も真剣にやったほうが、成績も上がる

 そもそも、「何かをやらなかったから、ほかが伸びる」という考え方を私は持っていません。むしろ真実は、反対ではないでしょうか。

 私はよく子どもたちに聞きます。 「9月まで劇をがんばるのは、負担じゃなかったか?」と。

 子どもたちは答えます。

  「いえ、あの時間があったから、勉強も最後までがんばれたんです」

 日比谷高校での3年間は、はっきり言って忙しいです。勉強も行事も部活も、全部やってもらいます。そういう意味では、小学校のときに受験でがんばった分、私立中高一貫校のほうがラクな学校生活を送れるでしょう。

 でも、忙しいからこそ伸びるという実態が、子どもたちにはあるのです。

 いま私は毎日、朝4時30分に起床して、6時50分ぐらいには登校しています。日本の校長の中でも、ちょっと異常だと思います(笑)。普通、校長は8時ぐらいに登校するものですから。

 朝早く登校する理由は、日比谷高校の場合、7時から自習室を開けているからです。子どもたちも毎朝、その時間に来ます。多いときは、数十人の子どもたちがすでに校門前で待っています。

 放課後も、部活で疲れているにもかかわらず、残って自習室を利用していく子がいます。休み時間に勉強をしている子もいる、通学の電車で単語帳を開いている子もいる。そうやってなんとか時間をひねり出し、学年+2時間の学習(1年生なら3時間、3年生なら5時間)を目標に勉強しています。

 中高一貫校は6年間あるので、高校受験に気を取られず、部活など好きなことに思い切り打ち込める、と言う人もいます。しかし勉強という面では、やはり中だるみしてしまうことは否めないのではないでしょうか。

 3年間という時間は短い。それを子どもたち自身がよくわかっているからこそ、限られた時間をどう大切に使っていくかを、日比谷生は一生懸命に考えています。

「やりきった」思いが「覚悟」を生む  

 したがって、「9月に行事が終わってからで、勉強が間に合いますか?」と周囲に聞かれても(実際、学校説明会等でもよく聞かれます)、私は「大丈夫です。間に合います」と自信を持って答えます。

 子どもたちにも、「諦めなければ、キミたちは最後の最後まで伸びていく。私たちはそれをこの目で見てきた。秋までの模擬試験や定期考査の成績で落ち込んではいけない」と言います。それが真実なのですから。

 その代わり、星陵祭(文化祭)が終わったら、覚悟して勉強してもらいます。毎日10時間以上は普通に机に向かってもらいます。 「なんでこんなに勉強しなきゃいけないんですか……」 「来る日も来る日も、勉強オンリーですよ」  廊下で会うと、本気とも冗談ともつかない弱音を吐く子もいます。でも、最後には「星陵祭の経験があったから、がんばれました」と言って、日比谷高校を卒業していきます。

*   *   *

 都立高校の校長という立場で文武両道を謳っているせいか、よく勘違いをされるのですが、私は進学重視の私立学校、特に中高一貫校について否定的な立場は取っていません。現実として、私立中高一貫校のほうが受験には有利だと思います。世の中の流れが、圧倒的に私立中高一貫校へ向いていることもよく理解できます。

 たとえば私立中高一貫校の場合、高校3年生の1年間は、まるで予備校のように、受験対策に費やします。教科書はすべて終わっていて、問題演習をひたすら繰り返す毎日になるでしょう。日比谷高校の場合は反対に、3年生がもっとも真剣に行事へ打ち込みますし、11月まで通常授業があります。

 私は高校3年間でしか流せない、汗や涙があると確信しています。自分自身の高校時代もそうだったからです。  みんなで力を合わせ、自分の持っている能力をすべて発揮して、一つのものをつくり上げていく。その経験が、心の中に何ものにも代え難い自信と希望を与えて、未来への覚悟や決意を生み出していくのだと強く信じています。

 こと「受験」に関して言えば、それは一見遠回りなようにも見えますが、実はこれこそが、学力を上げる近道なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

東大合格者数を急増させた熱血校長が明かす、「自分で勉強する子」の育て方!

この連載について

初回を読む
学ぶ心に火をともす8つの教え

武内 彰

東大合格者数を急増させて話題となった、“かつての名門”日比谷高校。2003年には年間たったの3名にまで凋落していましたが、2016年には53名、2017年には45名を輩出しました。この「奇跡のⅤ字回復」の立役者、武内彰校長が、「自分で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nointensions 「朝早く登校する理由は、日比谷高校の場合、7時から自習室を開けているからです。子どもたちも毎朝、その時間に来ます。多いときは、数十人の子どもたちがすでに校門前で待っています」 カリスマ発狂間違い無し https://t.co/CvmdUz4p7w 2年以上前 replyretweetfavorite

nointensions 「文化祭が終わったら、覚悟して勉強してもらいます。毎日10時間以上は普通に机に向かってもらいます。 「なんでこんなに勉強しなきゃいけないんですか……」 「来る日も来る日も、勉強オンリーですよ」  廊下で会うと〜」 大反発来そう2 https://t.co/CvmdUz4p7w 2年以上前 replyretweetfavorite

nointensions 「いま私は毎日、朝4時30分に起床して、6時50分ぐらいには登校しています。日本の校長の中でも、ちょっと異常だと思います(笑)。普通、校長は8時ぐらいに登校するものですから」 大反発を招きそうだな 笑 https://t.co/CvmdUz4p7w 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu 東大合格者数を急増させた熱血校長が明かす、「自分で勉強する子」の育て方! https://t.co/qsX0EEerjC #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite